ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》ドリア知事がABCへのモノレール断念=代わりに高速バスで対処か

《サンパウロ州》ドリア知事がABCへのモノレール断念=代わりに高速バスで対処か

 サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は3日、サンパウロ大都市圏のABC地区にモノレール線を建設する計画を諦め、代替案としてBRT(高速バス)を走らせると発表した。4日付現地紙が報じている。
 ABC地区へのモノレール線(モノレール線18号)建設計画は2009年に浮上。計画上では、サンパウロ市地下鉄2号線のタマンドゥアテイ駅からサンベルナルド・ド・カンポまでを結ぶ予定だった。
 サンパウロ州とコンソーシオVemABCとの官民合同プロジェクト(PPP)は2014年に契約が成立したが、建設計画は実行されないままでいた。
 ドリア知事によると、同線の建設経費が60億レアルと見積もられていることや土地接収の困難さから、現実性を考えて断念したという。
 同知事はモノレールに代わる案として、BRTの導入とパウリスタ都電(CPTM)の近代化を提案した。BRTなら、建設に必要な費用は最大6億8千万レアルで済み、1日に15万人から34万人と見られる同地域の需要に対応できると見ている。
 また、将来的に、ABC地区とサンパウロ市西部のラッパとを結ぶ、サンパウロ市地下鉄20号線を建設するための計画立案などを承認する意向も表明した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=6日に市内バスがスト=路線再編などに反対し2019年9月7日 サンパウロ市=6日に市内バスがスト=路線再編などに反対し  6日、サンパウロ市内のバスがストを行い、市民の足に影響が出た。6日付現地紙などが報じている。  実際には、5日午後も44のバスターミナルの内23を閉鎖するなどして、市民を戸惑わせており、その後に持たれた総会で6日にスト決行と決まった。これを受け、サンパウロ州地裁は5日夜、「 […]
  • サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?2019年8月31日 サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?  サンパウロ市の麻疹(はしか、サランポ)の患者の地区別データが発表され、市内のどこで真性患者や擬似症患者が多いかが明らかになった。30日付現地紙が報じている。  28日のサンパウロ州保健局の発表によると、サンパウロ市では1637人の感染が確認され、1人の死亡が報告されている。 […]
  • サンパウロ州ドリア知事が性の概念に関する教科書回収=ボウソナロもそれに続く2019年9月6日 サンパウロ州ドリア知事が性の概念に関する教科書回収=ボウソナロもそれに続く  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は4日、州立校の8年生の教科書に掲載されていた性の概念(ジェンダー・イデオロギー)に関する箇所を問題視し、教科書を回収させた。ボウソナロ大統領はそれを受け、基礎教育課程で性の概念を取り上げることを禁ずる法案作成を教育省に命じた。5日付エスター […]
  • サンパウロ市=クラコランジアで密売摘発=17人逮捕、21キロの麻薬も押収2019年8月24日 サンパウロ市=クラコランジアで密売摘発=17人逮捕、21キロの麻薬も押収  22日、サンパウロ市セントロのクラコランジアで麻薬密売の摘発が行われ、17人が逮捕され、21キロ相当の麻薬が押収された。23日付現地紙が報じている。  「レデンソン」と名付けられた摘発は、市警と軍警、市警備隊(GCM)の合同作戦で、計560人が動員された。  2015年以 […]
  • サンパウロ市モノレール15号線=ジャルジン・プラナウト駅が開通=東部居住者の生活便利に2019年8月28日 サンパウロ市モノレール15号線=ジャルジン・プラナウト駅が開通=東部居住者の生活便利に  26日、サンパウロ市モノレール15号線で新しい駅、ジャルジン・プラナウト駅が開業した。27日付現地紙が報じている。  ジャルジン・プラナウト駅は15号線にとっては通算7駅目となる。同線は18年4月に4駅が開業したことで、より本格的な運営がはじまっていたが、それ以来の新駅とな […]