ホーム | Free | トメアスー移住地=90周年記念式典の準備着々=会館改修や鳥居建設事業進む

トメアスー移住地=90周年記念式典の準備着々=会館改修や鳥居建設事業進む

案内で来社した林建佑さん

 1929年9月22日に43家族189人の第一回移民が到着し、今年で入植90周年を迎えたトメアスー移住地。同地ではトメアスーアマゾン日本人移住90周年記念委員会(柴田一宇シルビオ祭典実行委員長)が9月12、13両日に、「トメアスー日本人移住90周年記念式典」を開催する。
 同式典の案内に来社した、トメアスー文化農業振興協会(ACTA、柴田一宇(かずひろ)シルビオ会長)の日本語学校兼渉外担当、林建佑理事は「90周年の記念事業も目白押し。準備は着々と進んでいますよ」と語る。
 12日には、午前10時からトメアスー本願寺で慰霊祭が開始。午後2時からはACTAパティオで物産展開会式が開催される。午後7時からはACTAサロンで前夜祭の音楽ショーが行われ、コロニア歌手の谷川セルジオさんによるトメアスー90周年を祝うショー等が披露される。
 13日には、午前10時からACTAサロンで公式式典が開催。その後、午後1時からACTA体育館でカクテルパーティーを行う。なお、同式典の様子は記念誌にまとめ、来年刊行することが決定している。
 90周年事業としては、ACTA会館と同会館内の日本人移民史料館で改修が進行中だ。「20年間大きく変わっていない」という移民史料館には、昨年眞子様がご訪問の際に寄贈された記念品なども展示される。
 同会館入口付近には、6~8メートルの鳥居を建立する。さらに、電気代節約のために同会館に太陽光発電を設置予定。これは費用の一部を宮坂国人財団が支援している。
 また、パラー州政府に道路の舗装を依頼しており、「予算には組み込んだと聞いている」と事業の進展に期待をかけている。
 林理事は「式典には、各地からも参加すると聞いている。皆で一丸となり、当日は盛大に祝えれば」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》アマゾン川流域でも大規模な銀行強盗=「現代のカンガセイロ」説も?2020年12月3日 《ブラジル》アマゾン川流域でも大規模な銀行強盗=「現代のカンガセイロ」説も?  ブラジル南部のサンタカタリーナ州クリシウーマ市で11月30日から12月1日にかけて、同州史上最大で最も暴力的とされた銀行強盗が起きた直後の2日未明、ブラジル北部のパラー州でも全く同様の手口の銀行強盗事件が起き、死傷者も出た。  今回は、アマゾン川流域のパラー州州都ベ […]
  • 《ブラジル》法定アマゾン=1万1千平方キロの森林失う=2年連続の1万平方キロ超え=パリ協定時の公約に違反か2020年12月2日 《ブラジル》法定アマゾン=1万1千平方キロの森林失う=2年連続の1万平方キロ超え=パリ協定時の公約に違反か  国立宇宙研究所(Inpe)の発表によると、法定アマゾンは2019年8月~2020年7月の1年間に前年同期比で9・5%増となる1万1088平方キロの森林を失ったと11月30日、12月1日付現地紙、サイトが報じた。ただし、この伐採増加率は予想よりは低かった。  今回発表 […]
  • 外務大臣表彰が23人と1校に=農業、軍、音楽など多分野から2020年12月1日 外務大臣表彰が23人と1校に=農業、軍、音楽など多分野から  日本政府は1日に外務大臣表彰を発表し、ブラジルからは23人と1校が受賞した。外務大臣表彰は,多くの人が国際関係の様々な分野で活躍し、日本と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で、特に顕著な功績のあった個人および団体の功績を称えるとともに、その活動に対する一層の […]
  • マナウス=草の根協力で運動場整備=リョータ・オヤマ州立小学校に2020年11月25日 マナウス=草の根協力で運動場整備=リョータ・オヤマ州立小学校に  在マナウス日本国総領事館(関口ひとみ総領事)は11月6日、日本政府の草の根・人間の安全保障無償資金協力による「リョータ・オヤマ州立小学校運動場整備計画」の贈与契約署名式を、同校の父兄教師コミュニティー協会(APMC、オザナ・リマ会長)との間で行った。  同計画は小学 […]
  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]