ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 11日付のエスタード紙が、日本食レストラン「木下」の元オーナーシェフ、有名寿司職人の村上剛史さんが、8月にジャルジン・パウリスタ区(Alameda Min. Rocha Azevedo, 1060)で、「自分の名前がついたレストランを開店する」と報じている。ソウル・キッチンの一角に12席と、こじんまりとしたレストランになるのだとか。ただし価格は最低でも350レ、最高で550レとあるので、かなりお客さんを選ぶことになりそうだ。21歳の息子ジュンさんと一緒に働き、妻スザナさんがデザートを担当する予定。有名シェフが満を持して開店するだけに、開店後の評判が気になるところか。
     ◎
 6月末頃、ニッケイ新聞社前の歩道(グロリア街332番)にRNEの落し物があった。「DOI TAKUJI」と表記があるRNEオリジナル。その方をご存知の人は、ニッケイ新聞営業部(地階)で保管しているので、本人へ知らせてほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ