ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》合計特殊出生率が低下=世界人口デーで国連が発表

《ブラジル》合計特殊出生率が低下=世界人口デーで国連が発表

 世界人口デーの11日、国連人口基金がブラジルでは、黒人女性や貧困女性の合計特殊出生率が大きく低下していると発表した。
 合計特殊出生率とは、人口統計上の指標で、1人の女性が15歳から49歳までの間に生む子供の数の平均を示す。
 人口基金の発表によると、ブラジルの場合、生活が不安定な黒人女性や貧困女性の合計特殊出生率ほど低下が目立ち、2001年の3・92人が2015年は2・90人に低下したという。これは、貧困層の女性が出産可能な年齢で産む子供の数がほぼ1人減った事を意味する。この数字は、ブラジル地理統計院(IBGE)の資料を基に算出された。
 人種や肌の色別に算出した合計特殊出生率は、白人が2・75人から1・88人、褐色(混血者)が2・65人から1・96人に低下したと報告されているから、各々のグループの女性が産む子供の数は、0・87人と0・69人減少した事になる。
 ブラジルの人口基金担当者ジャイメ・ナダル氏によると、黒人女性や貧困女性は、公的な医療機関を利用する例が多く、保健所などの医師から家庭計画に関するオリエンテーションを受け、避妊手術を受ける、避妊具を使うなどの方法にアクセスし易い環境にいると見ている。
 同氏によると、ブラジルでは、統一医療保健システム(SUS)が避妊具や避妊に関する情報の最も大きな提供源となっており、貧困層にも家庭計画の概念が浸透してきたという。
 同基金によると、ブラジルでは避妊具を使う既婚女性が77%もおり、既婚女性の35%のみが避妊具を使っていた1969年のデータとは雲泥の差が生じているという。(11日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍2019年9月13日 デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍  保健省が11日、8月24日現在のデング熱患者は143万9471人で、昨年同期の7倍(599・5%増)と発表したと11、12日付現地紙、サイトが報じた。  26州と連邦直轄区の内、昨年同期より患者が少ないのはアマパーとアマゾナスの2州だけ。患者が増えた25の自治体の内 […]
  • 《ブラジルサッカー》フラメンゴのレイニエール(17)、プロ初先発でいきなり活躍2019年9月10日 《ブラジルサッカー》フラメンゴのレイニエール(17)、プロ初先発でいきなり活躍  ブラジル・サッカーのU17世代のエースと目され、欧州強豪も注目しているレイニエール(17)が7日、フラメンゴでのプロ初先発出場となった全国選手権の試合で、いきなり1ゴール、1アシストの大活躍を見せ、脚光を浴びた。  レイニエールは3~4月に行われたU17W杯の南米予選に出場 […]
  • 《ブラジル》中傷や詐欺でモデルを告発=ネイマールの強姦疑惑で話題に2019年9月12日 《ブラジル》中傷や詐欺でモデルを告発=ネイマールの強姦疑惑で話題に  サンパウロ市警は10日、人気サッカー選手、ネイマールを強姦罪に陥れようとしたモデルのナジーラ・トリンダーデ容疑者を中傷や詐欺などの容疑で告発した。  ナジーラ容疑者は6月に、「5月にパリのホテルでネイマールに強姦された」と訴えた。2人はインスタグラムで知り合い、ネイマールが […]
  • サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結2019年9月10日 サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結  サンパウロ市は6日、市内のバスシステムに関する長期契約をバス業者との間で締結。これで5日から続いていたバスのストも終結した。7日付現地紙が報じている。市とバス業者が結んだ契約期間は、両者が希望していた20年間ではなく、15年間となった。  サンパウロ市では2013年から、緊 […]
  • 《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで2019年9月10日 《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで  ブラジル国内17州で2日から、携帯電話の通話プラン、プレ・パーゴ(前払い型)の契約者の再登録が始まったと、2日付地元ニュースサイトが報じた。  再登録が始まったのは、アラゴアス、アマゾナス、アマパー、バイーア、セアラー、エスピリトサント、マラニョン、ピアウイ、リオ・グランデ […]