ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 新型コロナウイルスの感染拡大で世界保健機関がパンデミック宣言を出した翌日の12日、ボウソナロ大統領の訪米スタッフから、まさかの「国外渡航者の感染例」が現れた。罹患したワインガルテン氏はネット上で、トランプ氏と一緒に写った写真や自身が撮影した同大統領の動画も流しており、一躍、世界的な有名人にもなってしまった。また、米国滞在中、同氏の傍にいたボウソナロ大統領の検査結果は、今日、判明する見込み。陰性との結果を期待したいが、かねてからコロナウイルスの影響力を軽視する発言をしていた同大統領だけに、危機を味わったことで対策に関する心がけを変えていただければありがたいが。
     ◎
 11日のサッカーのリベルタドーレス杯、サンパウロは、本拠地のサンパウロ市モルンビで行われた対LDUキト(エクアドル)戦を3―0で制し、グループリーグ1戦目の屈辱を果たした。ブラジルではまだ、サッカーの試合もこうして観客を入れてスタジアムで行われているが、欧米やアジアでは既に、サッカーをはじめとした大きな大会が中止、延期、無観客試合に。コンサートなども同様のことが起こっている。ブラジルも楽観はできない。
     ◎
 コロナウイルスの感染がアジアや欧州ほどではなかった南米でも、本格的なコロナ流行がささやかれはじめた。これからは、不安な情報を耳にする機会が増えることは間違いなく、収拾にも時間がかかるかもしれない。感染長期化との見方は広がっているから、最悪の事態を考えてパニックになるのではなく、落ち着いた行動で被害を最小限に抑える努力が必要だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 東西南北2020年9月12日 東西南北  10日、サンパウロ市は今年に入って2番めに高い33・4度を記録した。今年の最高気温は1月27日に記録した33・7度だ。普通、年間の最高気温は夏季の1月もしくは2月に記録されるが、以前から9月もしくは10月に気温が急に高くなることは決して少なくなく、今年も4日に32・5度を記録 […]
  • 東西南北2020年9月11日 東西南北  10日付現地紙によると、大サンパウロ都市圏に水を供給している水系の貯水量が、この1年間で21%落ちたという。昨年の9月9日現在の貯水量は1兆3464億4千万立法メートルだったが、今年の同日は1兆604億4千万立法メートルになったという。ただでさえ、乾季で雨量が減る上、今年はコ […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 特別寄稿=老化現象への挑戦 アチバイア市在住  中沢宏一2020年9月4日 特別寄稿=老化現象への挑戦 アチバイア市在住  中沢宏一   □序文□  「老化現象への挑戦」と厳めしい題名をつけたが、老化をそのままにしておくと悪化の方向に確実に進行してゆく。健康に自身があり、まともな食事をし、運動も適宜にしてきた人でも老化は起る。それにそれまでの事故、怪我の後遺症と遺伝的な要素も加わり、 […]