ホーム | ブラジル国内ニュース | 貧困者悩ます病気に新治療薬=大西洋岸森林の植物成分で

貧困者悩ます病気に新治療薬=大西洋岸森林の植物成分で

植生豊かなマタ・アトランチカ(Arquivo/Agência Brasil)

 ブラジルの大西洋岸の北部から南部にかけて続く森林(ポルトガル語の名称はマタ・アトランチカ)に自生する植物の成分を使い、寄生虫などが引き起こす病気の治療に使う新薬を作る試みがなされている。
 マタ・アトランチカの植物の持つ成分の研究を行っているのは、アドウフォ・ルッツ研究所、ABC連邦大学、オックスフォード大学の研究者達だ。この研究はサンパウロ州の調査研究支援機関(財団)の支援を受けて進められている。
 新薬製造の期待がかかる化合物は、カネラ・セッカとかカネラ・ブランカとか呼ばれる植物から抽出した成分で作る。
 この化合物は内臓リーシュマニア症やシャーガス病などを起こす寄生虫に有効と見られる他、最も貧しい層の人達を特に苦しめる、デング熱やマラリア熱などの炎症性疾患の治療にも使える可能性があるという。
 寄生虫やウイルスが引き起こす病気は、熱帯地域を中心に、多くの国に住む人々を悩ませているが、これらの病気の治療薬は副作用がある物が多く、完治する前に薬を使うのをやめてしまう患者が多い。そういう意味で、副作用が少なく、完全に治ったといえるまで、安心して使える薬の開発は不可欠だ。
 カネラ・セッカの成分の抽出と成分配合の比率調整の責任者は、ABC連邦大学のジョアン・エンリケ・ジラルジ・ラゴ研究員だ。
 同氏によると、自然界には、新薬開発やその改良に役立つ成分を持つ植物がある。カネラ・セッカから見つかった成分は内臓リーシュマニア症やシャーガス病の治療に有効で、寄生虫を殺す効果もあるという。
 今後は動物実験などで治療効果を確認する必要があるが、カネラ・セッカの成分は毒性が低く、寄生虫を集中的に攻撃するという。
 ラゴ氏によると、カネラ・セッカから抽出した成分で化合物を作るのは簡単で、原材料も廉価な上に入手しやすいため、新薬開発や改良が容易だという。貧困層の人達を悩ます病気の治療薬は、安価で効果が高い事が必要だが、カネラ・セッカの成分を使った新薬はこれらの条件を満たせるという。(15日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル北部》ベネズエラ難民の子供のためのサッカー教室=生活の厳しい親に一筋の救い2019年8月17日 《ブラジル北部》ベネズエラ難民の子供のためのサッカー教室=生活の厳しい親に一筋の救い  一向に解決の兆しを見えないベネズエラの深刻な政治危機、経済危機による難民流入が発生しているブラジル最北のロライマ州で、ユニセフと非政府団体のヴィザン・ムンディアルが共同運営するスポーツ学校が、サッカー、バレーボール、チェスなどのクラスを開催し、5歳から17歳までのベネ […]
  • リオ州=軍政時代の罪で元兵士被告に=「死の家」での女性強姦や拷問で2019年8月17日 リオ州=軍政時代の罪で元兵士被告に=「死の家」での女性強姦や拷問で  リオ州などを管轄下に置く連邦第2地域裁が14日、アントニオ・ワニエル・ピニェイロ・リマ退役軍曹が軍政下で犯した女性強姦や拷問などの罪での起訴状を受理したと14、15日付現地紙・サイトが報じた。  軍政下での刑事犯罪は1979年制定の恩赦法で不問に伏されてきたため、軍 […]
  • 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表2019年8月17日 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表  ブラジルサッカー連盟は16日、9月に行われる親善試合のため、フル代表と五輪代表(22歳以下)の代表選手、合わせて46人を発表した。  まず、フル代表は以下の通り。  〈キーパー〉エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン(パルメイラス)、イヴァン(ポンテ […]
  • 《ブラジルサッカー》ブラジル杯準決勝第1試合が終了=ライバル対決が、決勝で実現か?2019年8月16日 《ブラジルサッカー》ブラジル杯準決勝第1試合が終了=ライバル対決が、決勝で実現か?  8月7日と14日に、サッカーブラジル杯の準決勝第1試合が行われた。  7日に行われたのはクルゼイロ対インテルナシオナルの一戦で、地元のクルゼイロが0対1で敗れた。クルゼイロはブラジル杯を連覇中で、名将マノ・メネゼスが3年以上指揮をとるなど、戦術の浸透度も他のチームに […]
  • サンパウロ市=15億レかけピニェイロス川浄化=ドリア知事の公約の目玉2019年8月17日 サンパウロ市=15億レかけピニェイロス川浄化=ドリア知事の公約の目玉  サンパウロ州がサンパウロ市を流れるピニェイロス川に関し、15億レアルを投じて本格的な浄化工事を行う意向だと、16日付現地紙が報じている。  ピニェイロス川はサンパウロ市の西部から南に流れる川で、マルジナル・ピニェイロスや都電(CPTM)9号線がそれに沿って走っている […]