ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「地球は平らで、月面着陸は嘘」=反科学的信条を持つ人が一定数存在

《ブラジル》「地球は平らで、月面着陸は嘘」=反科学的信条を持つ人が一定数存在

基礎教育の不備が、反科学主義の芽になっている(参考画像・Arquivo/Ag. Brasil)

 ダッタフォーリャの調査によると、ブラジル国民の7%は「地球は平らだ」と信じていることが分かった。
 89%は「地球は丸い」と考え、残り4%は「分からない」だった。
 今回の調査は、今月始め(3、4日)に、国内103市に住む16歳以上のブラジル人、合わせて2086人を対象として行われた。
 「地球は平ら」と答えた人の割合は、60歳以上の人は11%、中卒以下の人は10%のように、高齢者や低所得者、低学歴者ほど高かった。
 米国ニューハンプシャー州にある、ダートマス大学宇宙物理学教授のマルセロ・グレイザー氏は、「この結果はブラジルの教育システムの失敗を示している。私が思うに、一部の『地球は平ら派』は、本気でそれを信じてなどいないのではないか。『世の中は全て科学に支配されている。高度な技術を持つ企業などに自分の人生は操られている。自分はその犠牲者』などと信じ込んだ人たちが、科学に支配されることへの“抵抗”の意味を込め、『地球は平ら』といった、誰が聞いてもおかしいと思うような主張をしているのだろう」と分析している。
 また、同じ世論調査では、「人類はもう月に行ったことがある」という説は真実か、嘘かという質問も行った。この項目では、26%が「それは嘘」と答えた。「真実だ」と答えたのは70%で、「分からない」が4%だった。
 この設問でも「1969年の人類月面着陸など嘘だ」と答えた人の割合は、若年層より高齢層、高学歴者より低学歴者、高所得者より、低所得者が高かった。特に、アポロ11号の月面到着が起きた1969年には既に生まれていた60歳以上の人は、嘘と答えた人の割合が36%と突出していた。(14、16日付フォーリャ紙より) 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル北部》ベネズエラ難民の子供のためのサッカー教室=生活の厳しい親に一筋の救い2019年8月17日 《ブラジル北部》ベネズエラ難民の子供のためのサッカー教室=生活の厳しい親に一筋の救い  一向に解決の兆しを見えないベネズエラの深刻な政治危機、経済危機による難民流入が発生しているブラジル最北のロライマ州で、ユニセフと非政府団体のヴィザン・ムンディアルが共同運営するスポーツ学校が、サッカー、バレーボール、チェスなどのクラスを開催し、5歳から17歳までのベネ […]
  • リオ州=軍政時代の罪で元兵士被告に=「死の家」での女性強姦や拷問で2019年8月17日 リオ州=軍政時代の罪で元兵士被告に=「死の家」での女性強姦や拷問で  リオ州などを管轄下に置く連邦第2地域裁が14日、アントニオ・ワニエル・ピニェイロ・リマ退役軍曹が軍政下で犯した女性強姦や拷問などの罪での起訴状を受理したと14、15日付現地紙・サイトが報じた。  軍政下での刑事犯罪は1979年制定の恩赦法で不問に伏されてきたため、軍 […]
  • 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表2019年8月17日 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表  ブラジルサッカー連盟は16日、9月に行われる親善試合のため、フル代表と五輪代表(22歳以下)の代表選手、合わせて46人を発表した。  まず、フル代表は以下の通り。  〈キーパー〉エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン(パルメイラス)、イヴァン(ポンテ […]
  • 《ブラジルサッカー》ブラジル杯準決勝第1試合が終了=ライバル対決が、決勝で実現か?2019年8月16日 《ブラジルサッカー》ブラジル杯準決勝第1試合が終了=ライバル対決が、決勝で実現か?  8月7日と14日に、サッカーブラジル杯の準決勝第1試合が行われた。  7日に行われたのはクルゼイロ対インテルナシオナルの一戦で、地元のクルゼイロが0対1で敗れた。クルゼイロはブラジル杯を連覇中で、名将マノ・メネゼスが3年以上指揮をとるなど、戦術の浸透度も他のチームに […]
  • サンパウロ市=15億レかけピニェイロス川浄化=ドリア知事の公約の目玉2019年8月17日 サンパウロ市=15億レかけピニェイロス川浄化=ドリア知事の公約の目玉  サンパウロ州がサンパウロ市を流れるピニェイロス川に関し、15億レアルを投じて本格的な浄化工事を行う意向だと、16日付現地紙が報じている。  ピニェイロス川はサンパウロ市の西部から南に流れる川で、マルジナル・ピニェイロスや都電(CPTM)9号線がそれに沿って走っている […]