ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 国際調査会社イプソスが今年の1、2月にかけて行った調査では、「新聞、雑誌を信用する」と答えたブラジル人が65%で、調査対象の27カ国中3位だった。ブラジル人は、「ラジオ、テレビを信用する」とした割合も65%で、「インターネットを信用する」は58%だった。新聞、雑誌の信用度を比較すると、ブラジルより信用度が高かったのはインド(77%)で、中国(67%)が続いた。ドイツはブラジルと同じ65%で、南アフリカが64%だった。なお、27カ国の平均は47%だった。
     ◎
 8月にサンタカタリーナ州で行われるブックフェアに、ジャーナリストのミリアン・レイトン氏とセルジオ・アルランシェス氏夫妻がゲストスピーカーとして出演するはずだったが、レイトン氏の思想信条に反対すると思われる人々からの脅迫が相次ぎ、キャンセルされた。主催団体のコーディネーター、カルロス・シュローダー氏は、「酷い内容の脅迫が届いた。キャンセル発表を考えた時は、脅迫に屈したという意味で屈辱を感じたが、もしものことがあってはいけないとの思いが勝った。代替イベントとして、〃ネット時代の憎しみ〃についての討論会を考えている」と語った。言論の自由を犯す許しがたい暴挙だ。
     ◎
 1月25日に発生したミナス州ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊事故に巻き込まれ、ほぼ半年にわたって入院していたタリタ・クリスチーナ・オリベイラさん(16)が17日に退院した。タリタさんは股関節と大腿骨の手術を合計4回も受け、歩くには歩行器の助けが必要だ。少しでも早い身体的、精神的回復を祈りたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル人らがエベレスト登頂=事故乗越えた企業家と青年2011年6月15日 ブラジル人らがエベレスト登頂=事故乗越えた企業家と青年 ニッケイ新聞 2011年6月15日付け  2007年に右腕を失うばかりの大怪我をした企業家が、5月7日、24歳の青年と共にエベレストに登頂と12日付フォーリャ紙が報じた。 […]
  • カナメHD=職員採用で現地視察=直接雇用の貴重な機会に2018年3月15日 カナメHD=職員採用で現地視察=直接雇用の貴重な機会に  株式会社カナメ・ホールディングス(大崎雅洋代表取締役、京都府本社)は、グループ会社への人材供給を目的として、職員採用のため現地視察を行い、先月16日に編集部を訪問した。訪日就労を考える日系人にとっては、直接雇用の貴重な機会となりそうだ。  07年に設立された同社は、 […]
  • 有名女優に容赦ない罵声=過激な反ジウマ大統領デモ2016年8月3日 有名女優に容赦ない罵声=過激な反ジウマ大統領デモ  7月31日は全国規模で、8月下旬に弾劾裁判を控えているジウマ大統領に対するデモと、擁護するデモが行われたが、パラナ州クリチーバで行われた反ジウマ大統領デモでは、ある有名女優が参加者の餌食となった。 レチシア・サバテラ(45)は、90年代からグローボ局のノヴェーラで活躍している […]
  • 大統領選でモロ対ボルソナロの可能性は?2020年5月1日 大統領選でモロ対ボルソナロの可能性は?  4月24日のセルジオ・モロ法相の突然の辞任はブラジル社会全体を揺るがした。このショックで、ボルソナロ大統領は熱狂的支持基盤を築いてきたSNSでの支持者数が万単位の人数で減少。大統領に大きなダメージまで与えている。  さらに言えば、ダッタフォーリャの世論調査で、モロ氏 […]
  • 東西南北2017年7月19日 東西南北  ロドリゴ・ジャノー検察庁長官は、本面でも報じている講演会で、JBSのジョエズレイ・バチスタ氏に関する話も行った。それによると、ジョエズレイ氏がデラソンの依頼を持ちかけてきた際は「企業救済目当てのものだと思い、信用していなかった」ものの、他の企業関係者と違い、録音の証拠があった […]