ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》レシフェ大都市圏=大雨で3市の死者13人=各地で土砂崩れなど相次ぐ

《ブラジル》レシフェ大都市圏=大雨で3市の死者13人=各地で土砂崩れなど相次ぐ

土砂崩れで家屋倒壊も起きた現場に集まる人々(24日付G1サイトの記事の一部)

 ペルナンブコ州州都のレシフェ市とその近郊の市では、24日未明に強い雨が降り、その前からの雨で緩んでいた地盤が崩れるなどの被害が相次ぎ、午後1時半現在で、13人の死者が出たと報告されていると同日付現地紙サイトが報じた。
 24日午後1時半現在の死者は、オリンダ市5人、アブレウ・エ・リマ市5人、レシフェ市3人だ。オリンダとレシフェの死者中4人は、オリンダとレシフェを結ぶパサリーニョと呼ばれる道路沿いで起きたがけ崩れが原因で亡くなった。アブレウ・エ・リマの死者の内3人は兄弟で、母親と共に土砂崩れによる家屋倒壊に巻き込まれた。母親は救出後、入院中だ。
 土砂崩れに伴う家屋倒壊は先の3市やジャボアタン・ドス・グアララペス市などでも起きているが、大半は負傷者だけで済んでいる。
 レシフェ大都市圏では広域浸水や冠水も起きており、家屋の中に取り残された人々をボートやトラクターを使って救出す
る様子や、家畜の豚が木材などのごみの上に乗ったままで濁流に流される様子、行き場を失ったワニが捕らえられ、柱に縛り付けられている様子などが、様々なメディアを通して報じられた。
 また、道路冠水などで公共交通機関が麻痺し、足を奪われた庶民が仕事にも行けずに立ち往生する、学校や医療機関も閉鎖など、雨の影響は生活全般に出ている。
 レシフェ市の場合、24日午前11時現在の雨量(5日分)が241ミリに達し、平年の月間降水量(357ミリ)の20日分が5日間で降った事になるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》外出自粛の中で誕生日を祝う=子や孫がマスクを着けて電撃訪問2020年4月15日 《ブラジル》外出自粛の中で誕生日を祝う=子や孫がマスクを着けて電撃訪問  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために外出自粛令が出、家族や親戚、友人、知人と会う事もままならなくなっているが、何とかして相手への愛情を伝えようとしている人達がいる。  12日に80歳の誕生日を迎えたマリア・デ・ルルデスさんとその家族の話はその一例 […]
  • 《ブラジル》北東8州の海岸に原油が漂着=生態系を汚染、人体にも影響2019年9月28日 《ブラジル》北東8州の海岸に原油が漂着=生態系を汚染、人体にも影響  9月初頭に北東部の海岸で見つかり、26日の時点では8州105海岸を汚染している事が確認された原油により、海洋動物の死や人体への影響を懸念する声が広がっていると26、27日付現地紙、サイトが報じた。  コールタールのような黒いしみは原油で、2日にペルナンブコ州のオリン […]
  • CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」2019年6月27日 CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」  2015年から国外就労者情報援護センター(CIATE)で専務理事として赴任している弁護士の永井康之さん(43、愛知県)が、7月15日に帰国するため離任挨拶で来社した。  歴代専務理事はみな日本からの駐在者だが、4年3カ月の駐在期間は過去最長。永井さんは「来た時はデカ […]
  • カーニバルで踏んだり蹴ったりのボルソナロ2019年3月8日 カーニバルで踏んだり蹴ったりのボルソナロ  ブラジルにおけるカーニバルのデスフィーレ(パレード)は、伝統的に社会風刺の場でもある▼これはカーニバルというものの成り立ち上、どうしてもそうなってしまうものだ。元々、カーニバルは黒人起源の祭り。社会的弱者でもある、彼らの見方が優先されるのは自然な流れだ。また一方、デス […]
  • 東西南北2019年2月28日 東西南北  ペルナンブッコ州オリンダのカーニバルは、全国のカーニバルの中でも際立って大きな人形の行進で有名だが、今年は、その人形の中に物議を醸しそうなものがある。それはボルソナロ大統領のものだ。人形は「その時々を象徴する人物」が選ばれる傾向があり、新任大統領は本来なら妥当な選択肢のはずだ […]