ホーム | 日系社会ニュース | 第61回全伯珠算選手権大会 優勝は岡田龍樹くん 2位はシバタ・ジュン・ガブリエルくん

第61回全伯珠算選手権大会 優勝は岡田龍樹くん 2位はシバタ・ジュン・ガブリエルくん

左から斉藤良美会長、全伯珠算選手権大会の優勝者・岡田龍樹(りゅうじゅ)くん、準優勝者のシバタ・ジュン・ガブリエルくん、3位のシダ・マエダ・マテウスくん、4位のヤジマ・ケイタ・ガブリエルくん

 ブラジル珠算連盟(斉藤良美会長)は10月27日(日)、サンパウロ市ビラ・マリアナ区のサンパウロ天理会館ホールを会場に、193人の選手が参加して第61回全伯珠算選手権大会を開催した。同選手権大会の優勝者は岡田龍樹(りゅうじゅ)くん、準優勝者はシバタ・ジュン・ガブリエルくん、3位はシダ・マエダ・マテウスくん、4位はヤジマ・ケイタ・ガブリエルくん。全国珠算教育連盟理事長杯では岡田龍樹君が前人未到の3連覇を達成し、加藤福太郎杯はシダ・マエダ・マテウス君、加藤ジョエル杯はコニシ・リョウ・ラファエル君の手に渡った。

全国珠算教育連盟理事長杯を3連覇した岡田君

 午前8時30分、開会式が行われ、参加校の紹介、ブラジル国歌斉唱、君が代斉唱、選手宣誓と続き、主催者を代表して斉藤会長が日本語とポルトガル語で挨拶を行った。次いで来賓を紹介し開会式を終了した。
 今回は、Dクラス(11級から15級)から競技が開始され、総合問題(見取暗算、見取算Aと見取算B)、フラッシュ暗算、読上算と続いた。それぞれの競技が終わり表彰を受けた。
 引き続いて、Cクラス(7級から10級)の競技が開始され、総合問題、フラッシュ暗算、読上算と読上暗算を行い、競技を終了した。
 各種目別に表彰が行われ、全国珠算教育連盟ブラジル支部長杯(Cクラス)がヤナイ・アキラ・レオナルドくん(テレーザ私立校)に贈られ午前の部を終了した。

 昼食をはさみ、午後1時30分から段位・Aクラス・Bクラス(段位から6級)の競技が開始された。午前同様に総合問題、フラッシュ暗算、読上算、読上暗算が行われたあと、加藤福太郎杯(段位・Aクラス)及び加藤ジョエル杯(Bクラス)争奪戦。
 加藤福太郎杯はシダ・マエダ・マテウスくん(バストスそろばん連盟)に、加藤ジョエル杯はコニシ・リョウ・ラファエルくん(平成そろばんアカデミー)が獲得し

閉会式の挨拶を聞く参加者

た。
 各部門の表彰後、全国珠算教育連盟理事長杯(Bクラス)がコニシ・リョウ・ラファエルくん(平成そろばんアカデミー)、(Aクラス)がイソナカ・カレンさん(バストスそろばん連盟)に贈られ、全国珠算教育連盟理事長杯(段位クラス)は、岡田龍樹くん(平成そろばんアカデミー)が3連覇を達成した。
 表彰式後、ただちに閉会式が行われ、斉藤会長が日本語とポルトガル語での閉会の挨拶で選手達の健闘に敬意を表し、父兄を始め、教師、お手伝いの方々に対して労いの言葉を述べて、第61回全伯珠算選手権大会を大盛況のうちに終了した。
【入賞者一覧(各級1位のみ)(敬称略)】
《段位》岡田龍樹(平成そろばんアカデミー)
《1級》ハシモト・ユウゴ・ラファエル(ヌーメロ・アミーゴそろばんアカデミー)
《2級》イソナカ・カレン(バストスそろばん連盟)
《3級》シノハラ・キワ・ヘイジ(平成そろばんアカデミー)
《4級》コニシ・リョウ・ラファエル(平成そろばんアカデミー)
《5級》アベ・ナミ・マリエリ(ヌーメロ・アミーゴそろばんアカデミー)
《6級》ミズグチ・リンタロウ(平成そろばんアカデミー)

150以上のトロフィーとメダル

《7級》シオミ・タイセイ(平成そろばんアカデミー)
《8級》テラダ・ヒナ(平成そろばんアカデミー)
《9級》アキモト・アヤナ(平成そろばんアカデミー)
《10級》ヤナイ・アキラ・レオナルド(テレーザ私立校)
《11級》イモト・アリサ(平成そろばんアカデミー)
《12級》イアン・エスカフィ・ヴィセンチーノ(サンチスタそろばん塾)
《13級》サトウ・カズヤ・ヴィトル(コレジオ・アルファベット)
《14級》ブルーノ・フェルナンデス・カルモ(コレジオ・ウニスズ)
《15級》ヤブタ・シュン・ヴィトル(バストスそろばん連盟)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ