ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジル日系熟年クラブ連合会の機関誌『ブラジル老荘の友』545号を見ていたら、羨ましい話が出ていた。毛利ペドロさんの投稿によれば、妻と二人で金婚旅行に日本45日間めぐりをしたという。下関でフグ料理、富山でホタルイカ、宮城県の松島ではイカやカキ、北海道の函館ではタラバガニやイクラ、ホタテ三昧、イカソーメンも味わったとか。帯広ではジンギスカン(羊)料理を食べた。読んでいるだけでヨダレが垂れそうな体験談。かと思えば、井出香哉さんの投稿には考えさせられた。いわく《何十年ぶりからで、日本に行き、驚いたのは近所の友達を訪問しようと思ったら、電話で都合を聞かないといけないし、昔の様に近所付き合いがないから誰の消息もわからないと聞かされたこと》だとか。「ふるさと」との距離は微妙?
     ◎
 俳誌『朝蔭』476号が6月に刊行された。《敬老日お昼の用意二百人》(堀百合子)。祝ってくれる若い人より、老人の方が多いご時世を反映した作品。《一刻もケイタイ放さず昼寝の子》(大石喜久江)。今どきの子供の生態を見事に描写した一句。《行く秋や亡妻遺せし俳句帳》(堀石凡生)は、妻の俳句帳を手に読もうか、どうしようかじっと黙考する様子か。胸が締め付けられる情景描写。《コスモスに新聞投げ込むオートバイ》(箕輪美保子)。もしやニッケイ新聞の配達人が、読者が大切に育てているコスモスに新聞を投げ込んでいる?! そうであれば、まったく申し訳ない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]
  • 大耳小耳2020年3月21日 大耳小耳  コロナ危機の影響で、水曜日からリベルダーデ日本広場の周辺が寂しくなっている。角にある丸海グループのコンビニ「MARUSO」は早々に一時閉店し、その向いの「喫茶店「89℃コーヒー・ステーション」も20日時点で一時休店になった。スーパー「丸海」や「ブエノ」、「海鮮」などは営業して […]