ホーム | コラム | 樹海 | ジャーナリズムは事実の奴隷でなければ

ジャーナリズムは事実の奴隷でなければ

 キャリア50年以上のジャーナリスト、アレッシャンドレ・ガルシア氏が、「ジャーナリズムは事実の奴隷でなければならない」と語り、我々の視点や倫理観というフィルターを避ける事は不可能だが、自分が信じる事実を曲げてはならないと説いた▼弊紙でも、題材の選び方や表現方法に記者の関心や問題意識が反映される事は避け難い。だが、これは知ってもらうべきと思う事を選び、情報やデータに忠実に記述するよう心がける事は出来る。そう考えた時、野菜や果物の残留農薬の事を書き、「余計な事を書くな」「農家がどれだけ苦しんできたか知っているのか」と言われ、辞表を出した事を思い出した▼編集長が「健康を案ずる消費者が増え、皆が関心を持っている内容だから」と相手に釈明し、その時の辞表はないものにされた。一部読者の関心や反感を買う事があっても、事実は事実との思いは今も変わらないし、基となる情報源に忠実である事を忘れぬよう願わされる▼ボウソナロ大統領が、軍政下で殺害されたとされた人物は「反体制派内で粛清された」「法定アマゾンの森林伐採に関するデータはでたらめ」などと話し、物議を醸しているのは、事実を隠そうとし、周知の事実を曲げようとした例だ。イデオロギーや敵意に根ざした発言や批判は、事実の前に力を失う▼自分に不都合な事や身内を不機嫌にさせるような事は言うな、と言わんばかりの物言いはよくある。保身に固執し、何気ない言葉も自分への攻撃だと思い込み、人間関係を切る人もいる。事実が一つでない事もあり得、全ての情報の真実性を確かめる事は難しいが、事実に忠実である事は忘れずにいたい。  (み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア2019年8月13日 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア  10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリア聖州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。  いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパウロと北京の間にあるこの地理的障壁を越えて、今週、聖 […]
  • 父と子の絆を描くメッセージ2019年8月8日 父と子の絆を描くメッセージ  父の日(8月第2日曜日)が近づいている。ブラジルでは、6月の恋人の日と10月の子供の日の間を埋めるため、8月に決めたと聞いた事がある。理由はともあれ、父親への敬意や感謝を覚え、示す日は、大切にして欲しい。そういう意味で、この時期にSNSでよく流れる、息子が父親をレストランに連 […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • さくらホームの雪割桜に込められた郷愁2019年7月30日 さくらホームの雪割桜に込められた郷愁  「有名な観光地カンポスの名所の一つとして、桜祭りの時だけでなく、お客さんが年中訪れて入場料収入を落としてくれ、少しでも老人ホームの運営が楽になるようにしたい」―27日、聖州カンポス・ド・ジョルドン市のさくらホームで桜祭りを取材した際、サンパウロ日伯援護協会(以下、援協 […]