ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市地下鉄4号線のオスカル・フレイレ駅は、昨年4月に営業が開始されたが、出入り口の一つが工事中のままだった。だが、完成の遅れていたレボウサス大通りの出入り口が、駅開業から1年3カ月以上経過した7月31日にやっと完成し、落成式が行われた。この出入り口にはエスカレーターとエレベーターがついている。4号線は運行業務が民間企業に委託されているため、ストの影響も受けにくく、車両や駅も他の線よりずっと近代的だが、ヴィラ・ソーニア駅がまだ未完成だ。
     ◎
 ボルソナロ大統領は7月31日、「ドナルド・トランプ米大統領にますます魅了されている」と発言した。三男のエドゥアルドを駐米大使に指名するつもりであることを聞いたトランプ大統領が、「素晴らしいアイデア。私も嬉しい」と賛意を示したことに気を良くしての発言だ。エドゥアルド氏も、父に同行して米国を訪問した際にトランプ氏再選を支持する野球帽を堂々と被り、トランプ氏にすりよる姿勢を隠そうともしなかった。本当に大使に就任した場合、貿易協定交渉などで両国の利害が食い違ったとき、どんな態度をとるのやら。
     ◎
 サッカーブラジル代表監督のチッチが、今年の国際サッカー連盟(FIFA)世界最優秀監督賞候補にノミネートされた。コパ・アメリカ優勝を評価されてのものだが、競争相手にはマンチェスター・シティのグアルディオラや、リバプールのクロップなど、有力候補が目白押しで、受賞の可能性は余り高くない。表彰式は9月13日、イタリアのミラノで行われる。選手部門では男女共、ブラジル人選手は候補に入らなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年9月12日 東西南北  10日、ドナルド・トランプ米国大統領がジョン・ボルトン大統領補佐官を更迭した。ボルトン氏と言えば、ジョージ・ブッシュ氏が大統領だった2001~08年当時から共和党政権のタカ派外交の参謀役として知られ、トランプ政権でも右腕的存在だった。ボルトン氏は昨年11月に、米国政府の要人と […]
  • 東西南北2019年6月25日 東西南北  サッカーの女子W杯でブラジル代表は敗退してしまったが、男子代表は22日、コパ・アメリカで無難に決勝トーナメント進出を決めた。この日のペルー戦では、前試合のベネズエラ戦でゴールを3本無効にされた挙句に引き分け、散々批判されたうっぷんを晴らすかのように、前半から攻めに攻め、終わっ […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]