ホーム | Free | JHで平和週間10、11日=広島や長崎の被爆体験や文化発表

JHで平和週間10、11日=広島や長崎の被爆体験や文化発表

来社した一行

 ブラジル広島文化センター(吉広ロベルト貞夫会長)、ブラジル長崎県人会(川添博会長)は、「平和週間」と題し、原爆写真展や原爆に関する講演、上映会などを10、11両日、聖市のジャパン・ハウス(Avenida Paulista, 52, Bela Vista 以下JH)で行う。入場無料。
 10日は午後1時から8時まで、11日は午前10時から午後6時まで様々なプログラムが行われる。写真展は2日間終日開催。
 10日午後2時50分からは、被爆者平和協会の被爆体験者らによる被爆証言が行われる。他にも、長崎市と姉妹都市提携を結ぶ聖州サントス市が平和への取り組みを発表したり、紙芝居の上演、両県・市の知事・市長によるメッセージも発表される。
 11日には長崎県の郷土芸能の龍踊りや、盆踊り、郡上踊りなどの日本全国の伝統芸能に加え、健康体操も披露される。
 会場では、被爆者協会が核兵器廃絶の署名も呼びかける。署名は現在世界中で集められており、最終的に国連に届けられることになっている。
 川添さんは「伯人や若者、原爆を知らない人にも来てほしい。原爆を知ること、忘れないことが重要。皆が忘れたらまた悲劇が繰り返されてしまう。多くの方に来てもらい、平和について考えてほしい」と来場を呼びかけた。
 イベントに関する問い合わせは、ポ語であれば広島県人会(電話=11・3207・5476)、日本語は長崎県人会(電話=11・3203・0949)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 広島・長崎=JHで初の平和週間=被爆体験伝え、観光地も紹介=パ大通りで郷土芸能を初披露2019年8月15日 広島・長崎=JHで初の平和週間=被爆体験伝え、観光地も紹介=パ大通りで郷土芸能を初披露  終戦74年、一人一人が平和について考えて――広島文化センター(吉広ロベルト貞夫会長)と長崎県人会(川添博会長)は「平和週間」と題し、原爆に関する展示や講演などを10、11両日、聖市のジャパン・ハウス(以下JH)で行った。両日を通して約千人が来場。2日目には郷土の観光地 […]
  • 県連日本祭り=前売り券発売開始2015年6月19日 県連日本祭り=前売り券発売開始  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)主催の「第18回日本祭り」(7月24、25、26日)前売りチケットが、15レアルで発売中(当日18レアル)。8歳以下と65歳以上の人は入場無料。 取り扱い場所は次の通り。▼聖市=県連(Rua Sao Joaquim, […]
  • ジャパン・ハウス=伯人は何を期待しているか?=一カ月で来場客7万5千人=称賛と同時に、違和感も2017年6月23日 ジャパン・ハウス=伯人は何を期待しているか?=一カ月で来場客7万5千人=称賛と同時に、違和感も  一般公開からおよそ一カ月―。ミシェル・テメル大統領や麻生太郎副総理の臨席の下で開館した日本政府の文化広報施設『ジャパン・ハウス』(平田アンジェラ館長)は、一般公開された初日2日間だけで来場者数が7509人を突破。その勢いは衰えることなく、1カ月間で7万5千人以上が来場 […]
  • 次の百年に向かって=在サンパウロ日本国総領事 中前 隆博2015年8月4日 次の百年に向かって=在サンパウロ日本国総領事 中前 隆博  今般、ニッケイ新聞において、在サンパウロ日本国総領事館の開設百周年特集号を出版されるにあたり、心より感謝の意を表します。当館の百年間の歩みは、常に日系社会の皆様とともにありました。 1908年の笠戸丸のサントス港到着から遅れること7年後の1915年(大正4年) […]
  • JH「いけばな」紹介展示=子供向け体験教室も開催2019年7月4日 JH「いけばな」紹介展示=子供向け体験教室も開催  ジャパン・ハウス(JH、マルセロ・マトア・アラウジョ館長)は、ブラジルいけ花協会(エリソン・トンプソン・デ・リマ・ジュニオール会長)の協力で、現在「いけばな」の紹介展示や、子供向け体験教室を聖市の同館(Avenida Paulista, 52, Bela […]