ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》鉱業=GDP0・2%P下方修正=ValeとPBの不振で

《ブラジル》鉱業=GDP0・2%P下方修正=ValeとPBの不振で

ブルマジーニョダム事故の影響は今年のGDPを0・2%Pも下げるほどだ(参考画像・Vinicius Mendonca/Ibama)

 応用経済調査院(Ipea)の調査によると、Valeとペトロブラス(PB)というブラジルの鉱業大手2社の今年上半期の不振が、今年の国内総生産(GDP)を0・2%ポイント(P)引き下げる見込みだと、5日付現地紙が報じた。
 昨年のGDP総額は6兆8500億レアルだから、その0・2%は137億レアルだ。Vale、PB両社とも、下半期は上半期よりも改善が期待されているが、それでも両社が全体を0・2%Pダウンさせるとの予測は変わらない。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ