ホーム | 日系社会ニュース | おきなわ祭り=2日間で1万5千人が来場!=会場の熱気で寒さ吹き飛ばす

おきなわ祭り=2日間で1万5千人が来場!=会場の熱気で寒さ吹き飛ばす

レキオス芸能同好会エイサー太鼓

 沖縄県人会、沖縄文化センター、沖縄県人会ビラ・カロン支部(小波津セルジオ会長)が共催する『第17回おきなわ祭り』(上原マリオ正実行委員長)が、今月3、4両日にサンパウロ市営サッカー場で開催された。当日は、今年一番の寒さを記録したにも関わらず、例年並みに2日間で1万5千人が集まった。入場料代わりの食料品なども16トン集まり、10福祉団体に寄付された。

ビラ・カロンの青年部中心に特製のゴーヤ・パステルを提供

 上原実行委員長は開会式で「沖縄の文化を知ってもらうために始めた祭り。来場者に楽しんでもらうために皆で準備を頑張ってきた。楽しんでほしい」と呼びかけた。

 「ここだけでしか食べられない。ゴーヤのパステルですよ!」と屋台で提供していたのは「パステル・オキナワ・アゲナ」。同屋台を運営しているアゲナさんを中心に、ビラ・カロン支部の青年部が販売していた。パリッとしたパステルの生地にゴーヤの苦味が良く合い、「よく売れてますよ」とボランティア男性は自信を見せた。

名物「ヒージャー汁」を作るサンマテウス支部の皆さん

 おきなわ祭り名物の郷土料理「ヒージャー汁(山羊の汁物)」は、サンマテウス支部が販売。癖のある味だけに調理は難しい。責任者の仲田直さん(69、金武町(きんちょう))は「しっかり煮る必要があるけど、煮すぎると肉が崩れる。加減が難しい」と苦労を語る。関係者席ではこれが振る舞われ、皆美味しそうに啜っていた。

 うりずん会(照屋美雪会長)は、今年初めて市町村を紹介する展示会を行った。本部町のブースで紹介していた金藤仲地アウロラ恭子さんは「沖縄県人だけじゃなく、日本に興味のある非日系人もブースに立ち寄っている。本部町は美ら海水族館や、日本一早咲きの八重岳桜がありますよ」と紹介していた。

初の市町村展示などの試みを行ったうりずん会

 メインステージでは、琉球國祭り太鼓、レキオス芸能同好会エイサー太鼓などの力強い太鼓演奏では特に歓声が上がっていた。また、今年は特別にサンバチームのアギア・デ・オーロが出演し、日系人をステージに連れ出し一緒にサンバステップを踏むなど盛り上がりに貢献した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • CONFRA=過去最高の参加者数で盛大に=日系スポーツ親善競技大会=鈴木馨祐外務副大臣が初出席2020年2月21日 CONFRA=過去最高の参加者数で盛大に=日系スポーツ親善競技大会=鈴木馨祐外務副大臣が初出席  中南米の日系選手が集まって親睦を深めるスポーツ大会「CONFRA BRASIL HONDA 2020」(Confraternidade Esportiva Internacional […]
  • 手づかみで体得したブラジル=19年度交流協会生の体験談(4)=岡本大和「不安、佇立(ちょりつ)、自信」2020年6月9日 手づかみで体得したブラジル=19年度交流協会生の体験談(4)=岡本大和「不安、佇立(ちょりつ)、自信」  岡本大和(おかもと・やまと、23)。三重県在住の大学生。大学3年次終了後、ブラジル日本交流協会(http://anbi2009.org/)の研修(インターンシップ)制度を利用し、ブラジルで唯一の邦字新聞社「ニッケイ新聞社」で、2019年4月から今年3月まで研修を行った […]
  • 東西南北2019年7月18日 東西南北  15日早朝、サンパウロ市西部のパルメイラス・バーラ・フンダ駅で、8歳の男の子と13歳の女の子(兄弟)が、38口径の銃を持って歩いているのが見つかり、警備員に保護されるという事件が起こった。2人は「両親が酔って口論となり、父親が銃床で母親を殴り始めたから」、父の手から銃を取り上 […]
  • カーニバル満喫のネイマールに先輩の助言=「現役は短い。サッカーに集中すべき」とエジムンド2019年3月7日 カーニバル満喫のネイマールに先輩の助言=「現役は短い。サッカーに集中すべき」とエジムンド  1月下旬のフランス杯で負傷、右足の第5中足骨の骨折で戦線離脱中のネイマール(PSG)が、療養中にも関わらず、今日はサルバドール、明日はリオと、カーニバルを満喫する姿が目撃され、ブラジル国内でも話題になっている。  そんな中、かねてから熱烈なサンバファン、カーニバルフ […]
  • 東西南北2020年3月7日 東西南北  5日、サンパウロ市中央部ルーズベルト広場のすぐ傍にあり、サンパウロ市東部と西部を結ぶトンネルで、トラックの荷台が跳ね上がり、車体が急停止し、動けなくなる事態が起きた。事故発生は午前1時30分頃で、東部に向かっていたトラックが、トンネルに入る道路に出来ていた穴の上を通り過ぎた際 […]