ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》トルコ政府から出されていた、帰化ブラジル人へのトルコ強制送還要請を拒否=エルドガン政権による嫌がらせか?

《ブラジル》トルコ政府から出されていた、帰化ブラジル人へのトルコ強制送還要請を拒否=エルドガン政権による嫌がらせか?

 トルコでのクーデーター計画に関わっていた容疑で、ブラジル帰化トルコ人のアリ・シパヒ氏(31)に対してトルコ政府から出されていたトルコへの強制送還措置が6日、ブラジル最高裁によって拒否された。
 19歳でブラジルに渡り、文学士の学位を取得。その後、ブラジル/トルコ商工会議所で働き、今はサンパウロ市内でトルコ料理のレストランチェーンを経営している。シパヒ氏は4月6日に旅行先の米国からブラジルに戻ったところで、逮捕され、34日間拘束された。
 「シパヒ氏はテロに関わりがある」と主張していたのはブラジル当局ではなくトルコ当局で、同氏をブラジルから追放し、身柄を渡すように求めていたのもトルコ当局だった。その要請をブラジル司法が拒否した形だ。
 シパヒ氏は「拘束されてから今日まで、つらい4カ月間だった。『本当にトルコに送り返されたらどうしよう。弁護士は見つかるだろうか?』と悩んでいた。ブラジル側の判断が遅れると聞いたときは目の前が真っ暗になったけど、最終的には思い通りになってよかった」と語る。
 しかしながら、シパヒ氏の悩みは完全に解消されてはいない。同じトルコ人の妻と共に、2020年に家族に会いに一時帰国する計画を立てていたが、逮捕の恐れがあるので帰国は叶わない上、トルコに残した家族に対し、トルコ政府が逮捕もしくは出国禁止といった報復措置を取るかもしれないとの不安を明かしている。(8日付エスタード、フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=クラコランジアで密売摘発=17人逮捕、21キロの麻薬も押収2019年8月24日 サンパウロ市=クラコランジアで密売摘発=17人逮捕、21キロの麻薬も押収  22日、サンパウロ市セントロのクラコランジアで麻薬密売の摘発が行われ、17人が逮捕され、21キロ相当の麻薬が押収された。23日付現地紙が報じている。  「レデンソン」と名付けられた摘発は、市警と軍警、市警備隊(GCM)の合同作戦で、計560人が動員された。  2015年以 […]
  • サンパウロ州=乳児への麻疹接種対象市拡大=青少年向けはサンパウロ大都市圏のみ2019年8月13日 サンパウロ州=乳児への麻疹接種対象市拡大=青少年向けはサンパウロ大都市圏のみ  サンパウロ州保健局が12日から、生後6カ月から1歳未満の乳児への麻疹(はしか)の予防接種を実施する自治体を39市に増やした。また、乳児を連れてこれら39市へ出向く場合は、15日前に予防接種を受けさせるよう勧告している。  これは、同州内の麻疹患者、全967人中の13・6%が […]
  • サンパウロ市=またもVTに制限かかる=バス乗り継ぎ3時間2回まで2019年8月22日 サンパウロ市=またもVTに制限かかる=バス乗り継ぎ3時間2回まで  サンパウロ市の高等裁判所が19日、市の公共交通機関における、労働者の通勤手当(ヴァーレ・トランスポルテ、以下VT)を入金したビリェッテ・ウニコの使用に関する改定を禁ずる暫定令を解いた。同件の決定は二転三転を繰り返しており、市民の負担額が再び重くなると、同日付現地サイトなどが報 […]
  • サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少2019年7月23日 サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少  サンパウロ市の市立病院の救急外来利用者(緊急外来は除く)が、人口増加率を上回るペースで増えていると21日付現地紙が報じた。  市立病院は統一医療保健システム(SUS)が使え、診察や病院内での投薬、検査などは全て無料の上、24時間対応してもらえる。  問題は、受付から診察や […]
  • サンパウロ州の麻疹患者1週間で5割増=保健省がワクチン調達に奔走2019年8月8日 サンパウロ州の麻疹患者1週間で5割増=保健省がワクチン調達に奔走  サンパウロ州保健局の集計によると、7月31日現在の麻疹(はしか)患者は967人になり、1週間で53%増えた。これを受け、保健省は、流行地域へ旅行する人は15日前に予防接種を受けるよう勧告。予防接種ワクチンを国外から調達する準備も始めた、と7日付現地紙が報じた。  サンパウロ […]