ホーム | 日系社会ニュース | ASEBEX=目立つ留学生同士の結婚=日本で絆強め一生の伴侶に

ASEBEX=目立つ留学生同士の結婚=日本で絆強め一生の伴侶に

1976年の留学生からは、最も多い夫婦3組が誕生

 「僕ら76年の留学生は3組も夫婦が生まれている!」――元AOTS研修生で茨城県人会の黒澤儀人(のりひと)会長は、壇上で仲間と写真を撮りながらそう説明した。最も留学生が多かった76年からは11人が参加。そのうち3組が、帰国後に夫婦となった。
 「他にいなかったから留学生同士で結婚するしかなかったのよ!」と笑って答えたのは岩崎マリア秀美さん(二世)。夫のリカルド俊一さん(67、二世)は元文協会長の故岩崎秀雄さんの息子だ。
 同じテーブルに座っていたのは、大刀宣雄さん(74、二世)と妻のミリアン美千代さん(三世)、家安綱通(76、二世)と妻のマルシミナさん(二世)。秀美さんとミリアンさんは元福島県費留学生、マルシミナさんは元愛媛県費留学生。男性陣は全員元AOTS研修生だ。
 76年に夫婦となった留学生が多かった理由について、黒澤さんは「日本では、怪我した時のために皆でお金を集めていた。また皆で日本に旅行もしたね」と交流が密だったことを明かす。
 当日、6人はミリアンさんが指揮を務めるASEBEXコーラスで歌を披露した仲間。今でも2週間に1度は会うほど仲が良い。ある意味「一生の宝物」を日本で手に入れた留学生たちだった。


□関連コラム□大耳小耳

 ASEBEX内で夫婦が多かったことに驚いたと話していると、なんと来賓の山下譲二文協副会長もASEBEX内の結婚だった。妻のリジアさんとは留学先で知り合い、帰国後に結婚した。日本で「特別な体験」をしていることが、2人の絆を強めるのかも!?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ヤマハ楽器=南米初のアトリエオープン=楽器のメンテナンス専門に=「ヤマハの良さ知ってほしい」2009年3月5日 ヤマハ楽器=南米初のアトリエオープン=楽器のメンテナンス専門に=「ヤマハの良さ知ってほしい」 ニッケイ新聞 2009年3月5日付け  ヤマハ・ムジカル・ド・ブラジル(松代研一取締役社長)は二日、本社のあるイタイン・ビビ区内に、南米で唯一となる管楽器メンテナンス専門のアトリエ「ATELIER Instrumentos de Sopro […]
  • 仏心寺=慈善バザー、16日2011年10月7日 仏心寺=慈善バザー、16日 ニッケイ新聞 2011年10月7日付け  曹洞宗南米別院仏心寺(采川道昭総監)は『第18回慈善バザー』を16日午前9時から、同寺(Rua Sao Joaquim, 285, Liberdade)で行う。入場無料。 […]
  • 五輪経費70億レ超える=60%は民間からの資金2016年2月4日 五輪経費70億レ超える=60%は民間からの資金  リオ五輪開催のための諸経費が70億レアルを超えた事と、八つの工事が完成した事が1月29日に発表された。 6カ月毎に更新されるデータによると、同五輪のために投入された工事の経費は、70億7千万レアルに達した。前回発表された額は66億7千万レアルだったから、70億の大台を初めて超 […]
  • Pnudのデータは古いと反論する政府閣僚(左から教育相、社会開発局長官、保健相)2014年7月26日 人間開発指数=1ランク上がり79位に=データが古いと政府が苦言=改善すべき課題は山積み  世界187カ国の発展の度合いや人々の生活の質を示す最新版の人間開発指数(HDI)が24日に発表され、ブラジルは0・744で79位にランキングされたと25日付伯字紙が報じた。 国連開発計画(Pnud、英語の略ではUNDP)による評価は、平均余命指数と教育指数、GDP指数の3 […]
  • コラム オーリャ!2008年10月14日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年10月14日付け  先月、元戦後移民で、静岡県静岡市在住の谷川克己さん(不動産会社経営)が十八年ぶりにブラジルを訪れ、援協に三千ドルをこっそりと寄付していった。 […]