ホーム | 日系社会ニュース | ASEBEX=目立つ留学生同士の結婚=日本で絆強め一生の伴侶に

ASEBEX=目立つ留学生同士の結婚=日本で絆強め一生の伴侶に

1976年の留学生からは、最も多い夫婦3組が誕生

 「僕ら76年の留学生は3組も夫婦が生まれている!」――元AOTS研修生で茨城県人会の黒澤儀人(のりひと)会長は、壇上で仲間と写真を撮りながらそう説明した。最も留学生が多かった76年からは11人が参加。そのうち3組が、帰国後に夫婦となった。
 「他にいなかったから留学生同士で結婚するしかなかったのよ!」と笑って答えたのは岩崎マリア秀美さん(二世)。夫のリカルド俊一さん(67、二世)は元文協会長の故岩崎秀雄さんの息子だ。
 同じテーブルに座っていたのは、大刀宣雄さん(74、二世)と妻のミリアン美千代さん(三世)、家安綱通(76、二世)と妻のマルシミナさん(二世)。秀美さんとミリアンさんは元福島県費留学生、マルシミナさんは元愛媛県費留学生。男性陣は全員元AOTS研修生だ。
 76年に夫婦となった留学生が多かった理由について、黒澤さんは「日本では、怪我した時のために皆でお金を集めていた。また皆で日本に旅行もしたね」と交流が密だったことを明かす。
 当日、6人はミリアンさんが指揮を務めるASEBEXコーラスで歌を披露した仲間。今でも2週間に1度は会うほど仲が良い。ある意味「一生の宝物」を日本で手に入れた留学生たちだった。


□関連コラム□大耳小耳

 ASEBEX内で夫婦が多かったことに驚いたと話していると、なんと来賓の山下譲二文協副会長もASEBEX内の結婚だった。妻のリジアさんとは留学先で知り合い、帰国後に結婚した。日本で「特別な体験」をしていることが、2人の絆を強めるのかも!?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大揺れブラジル政治2016年3月23日 大揺れブラジル政治  歴史に残る「16・3・13デモ」から10日余り、その後の展開の速さに翻訳班はついていくのが精一杯の日々が続いている。 〃奥の手〃ルーラ氏入閣から、それを阻止すべくモーロ判事による盗聴記録公開、アンチとシンパが交互に行うデモに、最高裁判事によるルーラ氏官房長官就任への〃待った〃 […]
  • ブラジル別院南米本願寺彼岸会2004年9月18日 ブラジル別院南米本願寺彼岸会 9月18日(土)  ブラジル別院南米本願寺(クルシーノ通り753)は、十九日、総永代経会(午前十時から法話、ポ語、日語)、春季彼岸会(午後一時から法話、ポ語、日語)を催す。問い合わせ電話5061・4902。 […]
  • 闘病体験書く=『do outro lado do sol』=3世イトウ・カーチャさん「日本でも出版したい」2005年2月19日 闘病体験書く=『do outro lado do sol』=3世イトウ・カーチャさん「日本でも出版したい」 2月19日(土)  二度の脳内血管腫に襲われ、半身不随になりながらドイツで手術を受け回復したイトウ・サユリ・カーチャさん(41、三世)が、その厳しい体験談を書いた本『do outro lado do […]
  • 灯楽会「桜のお茶会」=なにわ会館で15日2010年8月11日 灯楽会「桜のお茶会」=なにわ会館で15日 ニッケイ新聞 2010年8月11日付け  日本煎茶道静風流ブラジル灯楽会(森由里子会長)による「桜のお茶会」が15日午後1時半から3時半まで、大阪なにわ会会館(R. Domingos de Morais, 1581)で開かれる。 […]
  • こどものその視察旅行=100周年に老人村実現を(下)=経営苦しいピラシカーバ市老人村=景気に左右される福祉団体2003年9月3日 こどものその視察旅行=100周年に老人村実現を(下)=経営苦しいピラシカーバ市老人村=景気に左右される福祉団体 9月3日(水)  翌日、一行はピラシカーバ市に向かった。午前九時に出発し、正午にUSP農学部に到着。昼食をとった一行は、老人村に向かった。楽団の君が代に迎えられた一行は早速見学した。 […]