ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ市》早くもクリスマスツリー登場=過去最大の高さ65メートル

《リオ市》早くもクリスマスツリー登場=過去最大の高さ65メートル

クリスマスツリーについて報じたG1サイトの記事の一部

クリスマスツリーについて報じたG1サイトの記事の一部

 リオ市西部のバーラ・ショッピングに、同市では過去最大となる、高さ65メートルのクリスマスツリーが登場した。
 120トンの資材を投じ、45日間かけて造られたというツリーは、20階建てのビルを超える高さだ。このツリーはアメリカス大通り沿いの駐車場に設置され、来年の1月6日まで市民の目を楽しませてくれる。
 ツリーの中は、全長2万1千メートルに及ぶ鉄パイプが張り巡らされ、外側の装飾を支える。また、9層に別れたツリーの外側は全面が光ファイバーなどで覆われ、光のモザイクが様々な色や形、イメージを映し出すようになっている。
 普通の人達には許されていないが、安全管理責任者のリードで頂上まで登ったグローボ局取材班によると、命綱をつけて登るだけで45分を要したが、頂上からの眺めは絶景で、大通りを走る車をはじめ、バーラ・ダ・チジュッカ地区の大半が見渡せるという。内側から見た光景も、鉄パイプの向こうに様々な色の光のモザイクがすけるように見え、クリスマスの幻想に引き込まれそうだ。
 リオ市では過去最大という幻想的なクリスマスツリーが、長い不況を抜けた後の景気回復の喜びや、クリスマスの喜びで彩られた心の高揚を象徴し、新しい年に向けた勢いを具現するものである事を願わされる。(6日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ベネズエラがドイツ大使を追放=ブラジルとの国境封鎖も続く2019年3月8日 ベネズエラがドイツ大使を追放=ブラジルとの国境封鎖も続く  【既報関連】ベネズエラのマドゥーロ大統領が6日、内政に度々干渉したとの理由で在ベネズエラのドイツ大使を「好ましからざる人物」に指定し、国外追放すると発表したと、6、7日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  48時間以内の国外退去を命じられたのはマルティン・クライナー […]
  • 《ブラジル》熱心な左派支持のベテラン俳優が大統領宣言=政界へ皮肉込めたパロディ2019年3月1日 《ブラジル》熱心な左派支持のベテラン俳優が大統領宣言=政界へ皮肉込めたパロディ      2月25日、ブラジルのベテラン俳優、ジョゼ・デ・アブレウ(72)が自身のツイッター上で突如、大統領就任宣言を行った。  本人曰く、「これは、1月にベネズエラで大統領宣言を行った「フアン・グアイド議長に触発された」とのこと。グアイド氏の […]
  • 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別2019年3月7日 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別  バイア州サルバドール市で5日、女装してカーニバルのパレードに参加していた殺人容疑者が逮捕された。  逮捕されたマルコス・ヴィニシウス・デ・ジェズス・ネリ容疑者は、マルキラナスと呼ばれるトラヴェスチ(女装男性)のブロッコ(サンバ集団)に参加していたが、バラ・オンジナと […]
  • リオ市北部=2台の電車が衝突事故=1人が死亡、8人が重軽傷2019年3月1日 リオ市北部=2台の電車が衝突事故=1人が死亡、8人が重軽傷  2月27日朝、リオ市北部で2台の電車の衝突事故が起き、1人が死亡、8人が重軽傷を負った。2月28日付現地紙が報じている。  事故が起きたのは2月27日午前6時30分頃で、リオ市北部を走る路線「スーペルヴィア」のサンクリストヴァン駅に停車していた電車に、デオドーロ方面 […]
  • 《ブラジル》暴力事件=18年の犠牲者は13%減=ただし、女性殺人は増加2019年3月1日 《ブラジル》暴力事件=18年の犠牲者は13%減=ただし、女性殺人は増加  サンパウロ総合大学暴力研究センターやブラジル治安フォーラム(FBSP)などのデータによると、18年は暴力に起因する死者が、統計開始以来最大の前年比13%減を記録したと2月27日付G1サイトが報じた。  統計によると、殺人、強盗殺人、傷害致死事件は、07年の4万462 […]