ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 サンパウロ市では「Studios」と呼ばれる約40平米以下の小型新築マンションが流行っており、次々に売りに出されている。「1寝室、居間、トイレ、台所」と狭いながらも一通り揃っているタイプだ。問題は、そのサイズに見合った家電がブラジルにはないこと。特に洗濯機や冷蔵庫、電子レンジ、掃除機などの家電が、従来のサイズではキツキツどころか収まらないことも。本来なら日本の家電メーカーならお家芸の分野では。パナソニックあたりが、小型で高性能というコンセプトの「コンパクト家電」を売り出したらヒットするかも!?

image_print

こちらの記事もどうぞ