ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 20日、市民省文化局のエンリケ・メデイロス・ピーレス局長が辞任した。ピーレス氏は「文化をフィルターにかけようとしている」として、連邦政府が検閲行為を行おうとしていることが直接の原因と説明した。オスマール・テーラ市民相は「検閲など行っていない」と否定したが、「私は市民相や大統領を尊敬しているが、検閲には反対だ。だから辞める」と答えている。辞任発表は、ボウソナロ大統領がLGBTなどを取り上げたテレビ広告を批判し、プロジェクトの予算が打ち切られた直後に行われた。大統領は全国映画局(アンシネ)の制作費管理に口出ししていることも既に報じられている。
     ◎
 サンパウロ市北部マンダキの市立校で、13歳のダウン症の少年が、同校の生徒から暴行を受けたことが問題化している。この少年が今月1日に2人の少年に殴りかかられた上、もうひとりの少年に腕を羽交い絞めにされ、床に倒されてもまだ暴力を受け続けた映像が録画され、流出したことで、学校での実態が知れ渡った。少年の母親は訴訟も辞さない覚悟でいるという。母親によると、少年は興奮する傾向があるというが、これはダウン症で見受けられる特徴。周囲の理解は特に必要だ。
     ◎
 21日、リオのマラカナン・スタジアムでのリベルタドーレス杯準々決勝第1試合、フラメンゴはブルーノ・エンリケのシュート2発でインテルナシオナルに2―0で快勝した。フラメンゴは7~8月の移籍市場で欧州から一流選手を大量獲得しており、優勝候補にも数えられている。第2試合は28日にポルト・アレグレで行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年9月19日 東西南北  サンパウロ州連邦裁判所が17日、15日で契約が切れた連邦政府の医療プログラム「マイス・メジコス」の医師37人との契約を半年間更新するよう、サンパウロ市に命じた。契約が切れた医師たちが働いていた市内34の医療機関では、16日から医師の診察が受けられない状況に陥っていた。サンパウ […]
  • 東西南北2019年8月17日 東西南北  15日付官報に銃の購入に関する軍の公示が掲載された。それによると、6月に出た大統領令で承認された小銃などは購入が禁じられたが、警察や軍隊だけが持つことが可能だった9ミリ口径や45口径の拳銃などを持つことが認められた。一般市民による購入は官報掲載日から可能となっている。以前出た […]
  • 東西南北2019年9月4日 東西南北  2日、パルメイラスがフェリポン監督を電撃解任し、ブラジル・サッカー界を驚かせた。2002年のW杯優勝監督でもある同氏は、昨年、自身の古巣でもあるパルメイラスを全国選手権で優勝させていた。だが、リベルタドーレス杯の準々決勝で敗退した上に、1日に行われた全国選手権でも首位のフラメ […]
  • 東西南北2019年8月7日 東西南北  元コリンチャンスで前バルセロナのマウコン(22)が3日、移籍先となったロシア・プレミア・リーグ、ゼニトでの初戦、対クラスノダール戦に途中出場した際に、人種差別を受けた。本拠地の同チームのファンたちが、「チームの伝統に従ってくれてありがとう」という当てこすりの垂れ幕を掲げたのだ […]
  • 東西南北2019年8月8日 東西南北  2012年5月に夫である食品大手「与喜」の御曹司だったマルコス・マツナガ氏を殺害、遺体も切断して捨てたことでブラジルの話題をさらったエリーゼ受刑囚が、今月1日から、昼間外出が認められるセミ・アベルトの処分となっていたことがわかった。刑期は19年だったが、模範囚と評価され、セミ […]