ホーム | Free | 北海道=移住100周年・協会創立80周年=日本から慶祝団約50人来伯!=移住者・子孫の繁栄に感涙

北海道=移住100周年・協会創立80周年=日本から慶祝団約50人来伯!=移住者・子孫の繁栄に感涙

式典で行われた鏡開きの様子(左から村田議長、中野副知事、大沼会長、野口総領事、片桐連邦下議、中嶋州議、伊藤・北伯北海道協会会長)

 ブラジル北海道文化福祉協会(大沼宣信会長)は「北海道人ブラジル移住100周年・ブラジル北海道文化福祉協会創立80周年記念式典」を8月24日午後、聖市ヴィラ・マリアーナ区ブラジル北海道交流センターで挙行した。日本から中野祐介道副知事、村田憲俊道議会議長ら約50人が来伯。北海道からの移住者やその子孫らに加え、野口泰在聖総領事、片桐キム連邦下議、中嶋マルシオ聖州議、野村アウレリオ聖市議らも出席し、総勢約450人で、日伯を結ぶ北海道人の歴史を盛大に祝した。

大沼会長から記念品を受け取る中野副知事

 大沼会長(71、二世)は挨拶で言葉を詰まらせながらも「渡伯した道人の夢と辛抱によって今日が培われた。受け継いできた北海道の精神を次世代に伝えられることは大きな誇りだ」と喜びを語った。
 中野副知事は「道人移住者、子孫が今日の繁栄を収めたことは、日本の我々としても大変嬉しい。今後は日伯道人交流の発展のために一層尽力したい」と日伯の絆を示した。村田議長も「道人移住者、子孫は伯国日系人の1割以上、約14万人に上ると聞く。移住者の努力は伯国に繁栄をもたらし、日伯の友好関係を築いた」と道人移住者をたたえた。
 道費研修・留学生、交流団OBを代表して挨拶に立った藤田エリオさん(39、二世)は「祖父は渡伯後、祖国へ帰れることを信じ、苦労を積み重ねたが、訪日を目前にして亡くなった。祖父母が語っていた北海道の美しい大自然、文化について、母を通して聞き、憧れていた」と明かした。
 涙をためながら「私は交流制度で北海道へ行き、先祖の生活を体験し、夢を叶えられた。私は伯人で伯国を愛すると同時に、北海道で生まれた祖父母の血が流れる日系人であることを誇りに思う」と語りかけ、北海道と協会への感謝の意を表し、北海道の発展に貢献した偉人、ウィリアム・スミス・クラークの言葉「少年よ、大志を抱け」で締めくくり、会場は感動の温かい拍手に包まれた。

盛大に行われた式典

 北海道と伯国の交流に貢献した山田勇次さん(72)ら10人、吉井篤さん(80)ら二世13人のそれぞれに「北海道社会貢献賞」、「友好親善貢献賞」、小堀富美江さん(104)ら90歳以上の貢献者13人に「永年貢献者賞」が北海道から贈られ、平尾健さん(80)ら80歳以上の貢献者56人が「高齢者表彰」を受けた。
 中嶋氏が村田議長に記念プレートを、野村氏が吉岡亨札幌市副市長、大沼会長に感謝状を授与。北海道市長会、町村会、村田議長、佐藤俊夫北海道国際交流・協力総合センター(HIECC)会長、高井修株式会社伊藤組代表取締役会長から記念品が、及川秀一郎安平町長からも感謝状が大沼会長に手渡された。
 大沼会長は中野副知事、村田議長、佐藤氏、高井氏、上野正三北広島市長・市長会相談役、棚野孝夫白糠町長・町村会会長、吉岡氏、道下智義北海道日伯協会会長、五十嵐徳美札幌市議会議長に記念品を贈呈した。
 さらに北海道協会ボーイスカウトの隊員により、中野副知事、村田議長の首にネッカチーフ(スカーフ)が掛けられた。
 式典には、北海道から伯国音楽歌手の若本香織、演歌歌手の正木はじめ両氏も駆け付けた。

北海道への愛を歌った野村さん、若本さん

 若本さんはリオ・デ・ジャネイロ州で音楽活動を行う野村カカさん(三世)らと日ポ両語で伯国音楽や北海道への愛を歌い上げた。正木さんは客席に降り、出席者との写真撮影に応じながら演歌や歌謡曲を披露。会場に大喝采を響かせ、祝いの席に花を添えた。
 センター入り口には移住100周年を記念したプレートも設置され、式典前に大沼会長、中野副知事、村田議長により除幕された。
 同日午前には、北海道協会代表者と慶祝団は聖市イビラブエラ公園の開拓先没者慰霊碑と日本館を訪問し、ブラジル日本文化福祉協会の石川レナト会長、ブラジル日本都道府県人会連合会の山田康夫会長らが案内した。

式典に出席した代表者ら


【メッセージ】北海道知事 鈴木直道

 北海道人ブラジル移住100周年、ブラジル北海道文化福祉協会創立80周年おめでとうございます。
 あいにく、北海道を離れることができず、ブラジルで皆さんとこの記念すべき年をお祝いすることがかないませんでしたが、皆さんのご出身、ゆかりの北海道から心よりお祝い申し上げます。
 昨年9月に北海道胆振東部地震が起きたときも、お見舞いの書簡を送っていただいたり、義援金を送っていただきました。
 北海道とブラジルは地球の反対側の遠いところにありますが、皆さんの温かい気持ちは全くその距離を感じさせません。本当に感謝しております。
 ブラジル北海道文化福祉協会の今後のますますのご発展とブラジルにお住まいの皆さんのご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げます。
 今日は誠におめでとうございます。


北海道人ブラジル移住100周年・ブラジル北海道文化福祉協会創立80周年記念式典慶祝訪問団(敬称略)

【北海道庁】
副知事 中野祐介
国際局国際課国際交流室長 池田和明
国際交流室主幹 菊田昭子
国際交流室主査 油井都央子
国際課専門主任 增田拓矢

【北海道議会】
議長 村田憲俊
議長令夫人 村田紀子
議員(日伯議員連盟会長) 和田敬友
議員 藤沢澄雄
田中芳憲
笠井龍司
沖田清志
松山丈史
藤川雅司
佐藤伸弥
赤根広介
事務局長 近藤晃司
事務局総務課主査 森本亜紀
事務局総務課主事 小岩研斗

【北海道市長会】
北広島市長(市長会相談役) 上野正三
北広島市秘書課長(市長会事務局) 福田誠

【北海道町村会】
白糠町長(会長) 棚野孝夫
美深町長(理事) 山口信夫
遠軽町長 佐々木修一
安平町長 及川秀一郎
事務局長 山内康弘

【自治体】
札幌市副市長 吉岡亨
札幌市議会議長 五十嵐徳美
札幌市総務局国際部「世界冬の都市市長会」担当係長 岩田敦
札幌市議会事務局総務課長 庄中将人
安平町議会副議長 田村興文

【安平町雪ダルマプロジェクト】
内藤貴之
真保郵生
真保裕理佳
真保妃希
元安平町長 瀧孝
瀧菊枝
大川原一城

【北海道国際交流・協力総合センター(HIECC)】
会長 佐藤俊夫
主任 松居慶子

【北海道日伯協会】
会長 道下智義
副会長 後藤寿
会員 栗田和成
平塚勝也
北海道南米交流協議会副会長 柴田勗

【北海道パラグアイ協会】
会長 落合周次

【伊藤組株式会社】
代表取締役会長(元副知事) 高井修
秘書室次長 齊藤寿一


ブラジル北海道文化福祉協会 役員(敬称略)

【執行部】
会長 大沼宣信
第1副会長 馬場光男
第2副会長 平野オストン
第3副会長 北野アウベルト
書記理事 藤田エリオ
第1会計理事 中浜オスマル
第2会計理事 上原政信
管財理事 国吉ジャイール

【評議員】
吉井篤
市川アルシンド
茅野ルイ
藤井ナイール
伊藤勲
西岡隆志
高嶋巌

【監査役】
第1正監査役 末長アウグスト
第2正監査役 真鍋マルコス
第3正監査役 佐藤イザベル
第1補欠監査役 中野ガブリエル
第2補欠監査役 水野カルロス

【補欠理事】
長谷川ターレス
鈴木妙子
薮内マルコス
藤沢ルイ
松田ルーベンス
アントニオ・カウデラーリ
木村ウンベルト


ブラジル北海道文化福祉協会 歴代会長

1代目 多田栄一郎(1950~61)
2代目 岡本専太郎(61~64)
3代目 相場真一(64~69)
4代目 森田芳一(69~71)
5代目 伊藤直(71~77)
6代目 吉井修(77~83)
7代目 高橋末吉(83~85)
8代目 田村敏右(85~87)
9代目 舟橋喜一(87~98)
10代目 谷口出穂(98~2005)
11代目 大橋皖吾(05~06)
12代目 木下利雄(07~10)
13代目 大沼宣信(10~)

image_print

こちらの記事もどうぞ