ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ政権評価で「悪い」が38%に=同時期の前任者らの約3倍=企業家と宗教関係者が頼り=アマゾン問題でも国民同調せず

《ブラジル》ボウソナロ政権評価で「悪い」が38%に=同時期の前任者らの約3倍=企業家と宗教関係者が頼り=アマゾン問題でも国民同調せず

ボウソナロ大統領(Antonio Cruz /Agencia Brasil)

 2日付フォーリャ紙が報じたダッタフォーリャの世論調査によると、ボウソナロ政権への国民の評価は、「良い」29%対「悪い」38%で、就任8カ月にして悪評が大きく上回る状態になった。また、8月下旬に国際的な問題ともなったアマゾンの森林火災に関しても、国民の4人に3人がブラジルの対応を批判した国際世論に「賛同」する姿勢を示していることがわかった。

 4、7月の調査では、ボウソナロ政権への国民の評価は、「良い」、「悪い」、「普通」がほぼ三つ、均等に割れていた。だが、8月29、30日に行われた調査では、「良い」が29%に落ち、「悪い」が38%に上昇した。「普通」は30%で微減した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ