ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上下水道工事約1千件がストップ=1億人以上が下水使えず

《ブラジル》上下水道工事約1千件がストップ=1億人以上が下水使えず

 ブラジル国内で合計958件、総額135億レアル分の上下水道整備工事が完成せず、途中でストップしていると、6日付現地紙が報じた。
 途中で止まっている135億レアル分の水道工事計画の9割以上、126億レアル分は、ルーラ政権期に導入された経済活性化計画(PAC)に関連したものだが、今も完成していない。これらの工事が未完成であるがゆえに、国民の半数近くの約1億人の家は下水が通っておらず、4千万人は家に浄水がきていない。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ