ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結

サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結

 サンパウロ市は6日、市内のバスシステムに関する長期契約をバス業者との間で締結。これで5日から続いていたバスのストも終結した。7日付現地紙が報じている。市とバス業者が結んだ契約期間は、両者が希望していた20年間ではなく、15年間となった。
 サンパウロ市では2013年から、緊急措置としての短期契約ばかりが結ばれていた。市はその都度、企業側に業績向上や報酬形態の変更を求めていた。また、短期契約は長期的かつ安定した収入を保証しないため、企業側は融資が得にくい、今後の運用資金の確保が困難などの問題を抱えていた。
 市は先週初め、15年間の契約締結を提示した。だが、路線変更とそれに伴う雇用喪失を恐れた運転手や車掌(コブラドール)が5日に突然、ストを行い、契約締結が遅れた。
 また、収益配分や給与の遅れもスト勃発の材料となっていたが、企業側が短期契約では今後の運営資金が確保できないから支払えないと説明したため、この点の不満はブルーノ・コーヴァス市長に集中した。
 だが、市とバス業者が6日の16時に15年契約を締結したことで、今回のストは終結した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]
  • サンパウロ州サッカー協会 「まだ練習再開せず」と決定 州選手権は最後まで2020年5月6日 サンパウロ州サッカー協会 「まだ練習再開せず」と決定 州選手権は最後まで  サンパウロ州サッカー協会(FPF)は4日午後、協会関係者と各チーム代表者たちによるビデオ会議を開催。その中で、練習再開日はまだ決めないことを申し合わせた。同日付現地サイトが報じた。  FPFの基本的な方針「サンパウロ州保健局の許可がない限り、各チームは練習などの活動を再開し […]
  • 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に2020年5月8日 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に  【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)医学部がサンパウロ市内6地区の住民ボランティアに行っている、新型コロナウイルスの免疫検査が8日に終了すると7日付現地紙サイトが報じた。  この検査はサンパウロ市内のコロナ感染の実態を探るためのもので、4月17日現在で住民10万人あたり […]