ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州LJ=ルーラにさらなる起訴=兄と共に収賄計画容疑で

サンパウロ州LJ=ルーラにさらなる起訴=兄と共に収賄計画容疑で

 連邦検察庁サンパウロ州支部のラヴァ・ジャット作戦(LJ)特捜班が9日、ルーラ元大統領と兄のフレイ・シコ氏を収賄容疑で起訴した。10日付現地紙が報じている。
 これは、オデブレヒト社がシコ氏に2003年から15年にかけて行ったとされる合計110万レアルにのぼる収賄容疑に関するものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》ドル高5レアル台に突入=米国の動き受け株式も大揺れ2020年6月13日 《ブラジル》ドル高5レアル台に突入=米国の動き受け株式も大揺れ  休日明けの12日、再開した市場でドル高が起こり、1ドルが5レアル台にふたたび戻る動きが見られた。10日の終値は1ドル=4・9334レアルまで落ちていたが、12日に取引がはじまった時点で5・0114レアルに跳ね上がり、一時は3%以上高い、5・1128レアルに到達した。  中銀 […]
  • IBGE=サービス量が4月に11・7%減=コロナ禍直撃、食品販売46%下落2020年6月18日 IBGE=サービス量が4月に11・7%減=コロナ禍直撃、食品販売46%下落  4月に提供されたサービスの量が前月比で11・7%と大幅な落ち込みを記録していたことが、地理統計院(IBGE)の調査で明らかとなった。17日付現地サイトが報じている。  サービス量が前月を割り込む現象は、新型コロナウイルスの感染拡大抑制のための外出自粛令採用前の2月(同月は1 […]
  • 《ブラジル》新たな失業者も緊急援助金の対象に=申請受付は7月3日まで2020年6月4日 《ブラジル》新たな失業者も緊急援助金の対象に=申請受付は7月3日まで  新型コロナウイルス対策の緊急援助金が、新たな失業者にも支払われることになり、さっそく受付が始まった。対象は7月3日までに失業し、同日までに申請した人と、3日付伯字紙が報じている。  今回の措置は、緊急援助金の申請を受け付けはじめた時点では就業していたが、その後に失業した人を […]
  • 州議5人が告発「臨時病院使われていない」=サンパウロ市は400人加療中と反論2020年6月6日 州議5人が告発「臨時病院使われていない」=サンパウロ市は400人加療中と反論  4日、サンパウロ州議員5人がコロナウイルス感染症患者専用のアニェンビー臨時病院に侵入して写真を撮ってネット拡散し、「使われていない」などと告発を行った。だが、実際には2千人以上に使われていたことが市によって発表されたと4、5日付現地紙サイトが報じている。  侵入を試みたのは […]