ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 10日、ドナルド・トランプ米国大統領がジョン・ボルトン大統領補佐官を更迭した。ボルトン氏と言えば、ジョージ・ブッシュ氏が大統領だった2001~08年当時から共和党政権のタカ派外交の参謀役として知られ、トランプ政権でも右腕的存在だった。ボルトン氏は昨年11月に、米国政府の要人としては最初にボルソナロ氏を訪れた人物で、同氏を自宅にまで迎えた大統領もご満悦だった。せっかく関係を築こうかとしている矢先での更迭となった。親トランプ派のボルソナロ氏としては、この人事交代は「問題なし」であろうが、後任の外交政策は、ブラジルにとって吉とでるか、凶と出るか。
     ◎
 10日夜から、全国的に郵便局のデモが勃発した。情報によると、郵便局に関わる36の労働組合が全て参加し、20州と連邦直轄区が参加するという大規模なもの。サンパウロ市でも、70%以上の職員が参加しているというから、市民生活にはかなりの影響が出そうだ。今回のデモの目的は、インフレ分を考慮した給与調整だけでなく、郵便局の民営化反対というから、長引きそうな気配だ。ただでさえ、配達に問題の多い郵便局だが、混乱は避けられないか。
     ◎
 ブラジリア時間の11日未明にロサンゼルスで行われたペルーとのサッカーの親善試合で、ブラジル代表(セレソン)が0―1で敗れた。コパ・アメリカで5―0、3―1と2度圧倒した相手である上、控え中心だったとはいえ、チッチ体制下での親善試合はほとんど負けなしなのに、これはどうしたことか。反省点を修正し、10月の親善試合に臨んでほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年8月2日 東西南北  サンパウロ市地下鉄4号線のオスカル・フレイレ駅は、昨年4月に営業が開始されたが、出入り口の一つが工事中のままだった。だが、完成の遅れていたレボウサス大通りの出入り口が、駅開業から1年3カ月以上経過した7月31日にやっと完成し、落成式が行われた。この出入り口にはエスカレーターと […]
  • 東西南北2019年6月25日 東西南北  サッカーの女子W杯でブラジル代表は敗退してしまったが、男子代表は22日、コパ・アメリカで無難に決勝トーナメント進出を決めた。この日のペルー戦では、前試合のベネズエラ戦でゴールを3本無効にされた挙句に引き分け、散々批判されたうっぷんを晴らすかのように、前半から攻めに攻め、終わっ […]
  • 東西南北2020年10月8日 東西南北  サンパウロ市中央部リベルダーデ区グロリア街にある市警のセー第1署が、歴史的な建造物に指定されているが故の事務手続きの煩雑さにより、思うように改築できないという問題に直面している。第1署は建物の傷みがひどく、建物を利用している警官や市民にも危険が及ぶ可能性が出ているため、市警が […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]