ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》経済基本金利が制定以来最低の5・5%に=市場はさらなる利下げ望む

《ブラジル》経済基本金利が制定以来最低の5・5%に=市場はさらなる利下げ望む

ブラジル中銀ビル(参考画像・Wilson Dias/Ag. Brasil)

 17、18日に開かれたブラジル中銀の通貨政策委員会(Copom)で、経済基本金利(Selic)を年6%から年5・5%へと、0・5%ポイント下げることが決まった。19日付現地各紙が報じている。
 Selicは昨年3月下旬に6・5%に切り下げられて以来、10会合連続で据え置かれていたが、7月末のCopomでは、1年4カ月ぶりに年6%への利下げが起きた。今回の利下げはそれに続くものだ。Selicは6・5%の時点で史上最低水準だったが、7月末と今回の2会合連続で最低水準を更新した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ