ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市=キリスト像建立から88年=子供の日兼ねた記念行事も

リオ市=キリスト像建立から88年=子供の日兼ねた記念行事も

88周年を迎えるキリスト像(Alexandre Macieira/Divulgação Riotur)

 リオ市はもちろん、ブラジルでも有数の観光名所であるコルコバードのキリスト像が12日に建立88周年を迎えるため、リオ市では様々なイベントを用意して、祝いの時を持つと11日付現地紙サイトが報じた。
 コルコバードのキリスト像は建立を記念するイベントは、11日午後6時の「天使の祈り」から始まる。乳がん予防月間にちなみ、ピンクとなっているライトアップも、黄色と緑に切り替わる。
 夜10時からは青年達の徹夜祈祷会が行われ、12日朝まで続く。
 12日午前8時からはコルコバードの丘のノッサ・セニョーラ・アパレシーダ聖堂でオマール神父の司式によるミサが行われ、午前9時には「リオ市路上の友の会」が誕生日の歌を歌う。この日は特別に、観光客に祝福を祈る時も1時間毎に持たれる。

キリスト像を訪問された眞子さま(Tomaz Silva/Agência Brasil)

 12日は、リオ市南部のサンジョゼ広場で「キリストの愛の行動」という子供向けプログラムも開催される。
 午前9時~午後1時までは、顔に色を塗ってみる、粘土や絵画のワークショップ、遊具を使った遊びやダンス、運動会が行われる。
 10時からは、ドゥーダ・パウロとカレン・ケウダニによるショー、10時半からはオマール神父による祝福の祈り、11時からはコルコバードのキリスト合唱団による合唱も行われる。
 また、イベントの最後には、イベントに参加した子供達への玩具贈呈も予定されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》教師が子供用マスクを制作=子供達も楽しみ、率先して使用2020年6月9日 《ブラジル》教師が子供用マスクを制作=子供達も楽しみ、率先して使用  新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国でマスク着用の義務化が進んでいるが、ブラジリアのある連邦直轄区でもマスクが義務化された事を受け、公立校の教師が子供用に顔全体を覆うタイプのマスク(フェイスシールド)を作成したところ、好評で、子供達も率先して使用している。  親 […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡2020年5月29日 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡  新型コロナウイルスに感染しても無症状の人や軽症で済む人が多いが、コロナ感染症が急速に進み、入院から24時間経たずに死亡する例もある。  サンパウロ州ソロカバ市に住んでいたルイス・リカルド・デウフィノ氏(27)は、15日未明に体調不調を訴え、兄弟の一人のカリーナ・アパ […]
  • 《ブラジル》一足早いクリスマスプレゼント=消防士の日に路上生活者の夕食会2019年12月17日 《ブラジル》一足早いクリスマスプレゼント=消防士の日に路上生活者の夕食会  クリスマス(ナタール)が近づき、歳末商戦や恒例行事などの報道が続いているが、この時期ならでは暖かい心の触れ合いを報じるニュースも伝わってきている。  その一つは、サンパウロ州サンカルロス市の消防士達が、8歳のカウエ君の要望に応えた話だ。  カウエ君は小さい頃から消 […]
  • 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす2019年4月10日 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす  6日、ローマ法王は、サンパウロ州タンバウーの聖職者だったドニゼッティ・タヴァレス・デ・リマ司祭(1882年~1961年)を、福者に認定した。  この知らせは7日、タンバウーのノッサ・セニョーラ・アパレシーダ聖堂で行われたミサで公にされた。  ドニゼッティ司祭を福者 […]
  • 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列2020年1月4日 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列  「お雑煮が美味しかった。デカセギに行っていた頃のお正月を思い出したよ」―今年初めて餅つき祭りに来場したという目黒三男さん(80、二世)は、そう言いながら久々の日本の味に舌鼓をうった。  大晦日恒例、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催の […]