ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》低金利時代、負債や投資スタンスの変更を=長期的視野の投資計画が必要

《ブラジル》低金利時代、負債や投資スタンスの変更を=長期的視野の投資計画が必要

低金利時代で、これまでの資産管理手法の再検討が必要だ(参考画像・Agencia Brasil)

 【既報関連】17、18日に行われたブラジル中銀の通貨政策委員会(Copom)において、経済基本金利(Selic)が、史上最低値更新となる5・5%に変更されたことで、借金や投資についての方針変更が求められていると、19、20日付地元紙が報じた。
 Selic低下で考えられるものの一つはローン金利の低下だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ