ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》それでも銃規制緩和擁護? 10人死亡のテロ後のボウソナロ大統領周辺の反応

《ブラジル》それでも銃規制緩和擁護? 10人死亡のテロ後のボウソナロ大統領周辺の反応

 13日にサンパウロ大都市圏スザノ市の州立校で起きた、10代の生徒中心に犯人も含めると10人の死者を出した無差別テロ事件は、ブラジル国内を緊迫した空気に包み、ボウソナロ大統領の推進する銃規制緩和にも影響を与えると見る向きも少なくない。だが、大統領周辺は少なくともそうではないようだ。

 この事件後、ボウソナロ大統領の周辺の人たちがどんな発言をしたかを紹介しよう。まず、大統領の社会自由党(PSL)の上院議員(サンパウロ州選出)のマジョール・オリンピオ氏は、「学校側の教員が武装すれば、テロは回避できていたはずだ」と語った。

 また、ボウソナロ大統領の長男で上院議員のフラヴィオ氏は、事件を起こした犯人の中に17歳の少年がいたことを指し、「だから成人年齢の引き下げが必要なんだ」と、PSLが推進する公約を強調した。

 フラヴィオ氏はその後、銃の製造工場を作りやすくする法案を上院に提出する準備中にあるとも報じられている。

 また、ボウソナロ氏の三男で下院議員のエドゥアルド氏は、「銃も、車も、凶器になりうる。誰が使うかが問題だ」として、銃そのものがテロの問題ではないとの見解を示している。

 今回のテロ事件に関しては、「ボウソナロ政権が銃規制緩和を煽るからこのような事件が起こるのだ」という意見も起きている。

 だが、ボウソナロ政権支持者らは、「労働者党政権の時代だって13人が死ぬようなテロがあった」とし、2011年にリオ市レアレンゴの市立校で発生した事件を引き合いにして、反論する事態となっている。

 一方、ボウソナロ大統領は、テロ事件が起きた13日の朝(事件発生より早い時間帯)開いたマスコミ関係者らとの朝食会で、「大統領官邸で寝るときは、枕元に銃を置いて寝ているんだ」との発言を行っている。(13日付フォーリャ紙、13日付コレイオ・ブラジエンセ、14日付エスタード紙などより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?2020年9月19日 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?  棉の国際価格が値上がりしている事やドル高の影響で、ブラジル国内の棉の価格が8月末時点で20%も高騰している。  ブラジルでは米やフェイジョン(豆)などの食料品が値上がりし、庶民の懐を直撃しているが、衣類の製造に不可欠な棉の値上がりは、被服費の高騰を招く可能性がある。 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任2020年9月19日 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任  共同通信サンパウロ市局長の小西大輔さん(50、石川県出身)の帰国にあたり、後任の中川千歳さん(42、千葉県出身)と共に来社した。  新支局長の中川さんは2010年から11年はテヘラン支局、14年から17年のロサンゼルス支局を経て、サンパウロ支局は3回目の海外赴任。し […]
  • 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加2020年9月18日 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加  法定アマゾンやパンタナルでの森林火災ばかりが注目されがちだが、森林火災はサンパウロ州でも増えている。  国立宇宙研究所(Inpe)のデータによると、サンパウロ州では1月から9月15日までに4293件の森林火災が記録された。昨年同期の火災は2020件だから、今年の火災 […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]