ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領の三男、カルロス市議=「民主主義は時間がかかる」とツイート=独裁擁護との批判も出る

《ブラジル》大統領の三男、カルロス市議=「民主主義は時間がかかる」とツイート=独裁擁護との批判も出る

カルロス・ボウソナロ氏のツイッターアカウント(@CarlosBolsonaro)

 ジャイール・ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)の次男でリオ市議のカルロス・ボウソナロ氏(キリスト社会党・PSC)が9日夜、「民主主義では、望ましい速さでの変革は起こらない」とツイートしたと、10日付現地紙が報じた。
 同氏のツイートの続きは、「…これまでいつも我々を支配してきた者たちは、私たちを様々な方法で支配し続けている」だった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ