ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=コンゴーニャスで欠航相次ぐ=大雨と雷鳴の影響により

サンパウロ市=コンゴーニャスで欠航相次ぐ=大雨と雷鳴の影響により

 10日夜に強く降った雨のため、サンパウロ市南部のコンゴーニャス空港では23便の欠航が生じ、渡航予定者を混乱させる事態となった。11日付現地サイトが報じている。
 サンパウロ市では10日午後8時過ぎに、南部や西部などで強い雨が降り、各地で冠水が発生するなど、道路交通で大きな影響が出たが、コンゴーニャス空港でも23便が欠航、15便が振り替えになるなどの被害が出た。とりわけ、午後9時15分から同10時にかけては離陸を完全に中止する事態に陥り、午後11時前にこの日の業務を終えた。
 また、この日は雨もさることながら、とめどなく続く雷鳴の多さも注目された。今年の夏はエルニーニョ現象の影響で雷が多く、サンパウロ大都市圏では10日夜だけで、2万4千回の雷が観測された。
 また、9日にはサンパウロ州レジストロ市で母娘2人が雷に打たれて死亡する事故が起きたが、その際は同市だけで755回もの雷を記録していたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=元軍警が4発の銃弾受け死亡=過去の事件に絡む粛清か2019年3月9日 サンパウロ市=元軍警が4発の銃弾受け死亡=過去の事件に絡む粛清か  7日午前、サンパウロ市市役所とSPトランスのマーク入りのシールを貼った車で走行中の元軍警が銃弾4発を浴びて死亡する事件が起きた。7日付現地紙が報じている。  亡くなったのはジウソン・テラ氏で、7日午前11時20分頃、サンパウロ市東部サンマテウスを市役所のシールを貼った車で走 […]
  • 《ブラジル》アマゾナス州=H1N1で17人死亡=予防用の薬剤探す人も急増2019年3月8日 《ブラジル》アマゾナス州=H1N1で17人死亡=予防用の薬剤探す人も急増  アマゾナス州では、H1N1ウイルスによるA型インフルエンザが例年より早く流行し、少なくとも17人が死亡。消毒用のアルコールやビタミンC剤など、予防用の薬剤を買い求める人も急増中と6日付G1サイトが報じた。  同州健康監視財団(FVS)によると、同州で確認された重症のインフル […]
  • 欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し2019年3月8日 欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し  欧州連合(EU)内の国境管理を行うFrontexが6日、18年にEU諸国への入国を拒否されたブラジル人は4984人で、3086人だった17年より61・5%増えたと発表したと7日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  この数字は、世界で7番目に多い。入国を拒否された人がブラジル […]
  • 《ブラジル》連続する女性殺人未遂事件=夫や元恋人が嫉妬に狂う?2019年3月7日 《ブラジル》連続する女性殺人未遂事件=夫や元恋人が嫉妬に狂う?  エスピリトサント州南部ドーレス・ド・リオ・プレットで4日未明、夫に車で連れ出された36歳の女性が、顔が腫れ上がるほど殴られた後、街道脇に投げ出され、兄弟らによって発見されるという事件が起きた。  5日付G1サイト(6日にも更新済み)によると、ジャーネ・ケルビン氏はミナス州在 […]
  • 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術2019年3月7日 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術  5日未明、リオ州南部のバラ・マンサ市の病院で、妊娠27週の女性が暴行を受けて運び込まれ、緊急手術を受けたが、出産後に死亡する事件が起きた。  死亡したマリア・エジジャーネ・デ・リマさん(35)は、4日午後、膣からの出血を起こした状態で病院に運び込まれた。リマさんの体には、暴 […]