ホーム | 日系社会ニュース | アマゾン=森林火災の消火活動を支援=日本政府からテント等1千人分

アマゾン=森林火災の消火活動を支援=日本政府からテント等1千人分

式典の様子

 ブラジルのアマゾン森林火災を受けて、日本政府はブラジル政府に対し国際協力機構(JICA)を通じて緊急援助物資を寄付した。その供与式が今月23日に首都ブラジリア連邦区のイタマラチ宮(ブラジル外務省)にて開催され、テントとスリーピングパッド約1千人分が引き渡された。
 この緊急援助物資は、ブラジル政府による消火活動への協力のためにJICAマイアミ倉庫から送られ、今月19日にブラジリアへ到着。引き渡されたテント330個とスリーピングパッド998個は、ブラジル環境省傘下のシコメンデス生物多様性保全院(ICMBio)を通じて、最前線で消火活動を行う関係者に届けられる予定だという。
 式典には、山田彰駐ブラジル特命全権大使、佐藤洋史JICAブラジル事務所長、レイナルド・サルガド・アジア・大洋州・ロシア二国間関係局長、ルイ・ペレイラ国際協力庁長官、ルイス・ビアジオニ環境省大臣代行、ホメロ・セルケイラICMBio総裁が出席。

JICAから送られた緊急援助物資

 山田大使は「森林保全とアマゾン地域の持続可能な開発は達成できると信じている。日本もブラジルに協力し、一緒にプロジェクトを開発していきたい」と述べ、アマゾン森林火災が収束するよう願った。
 サルガド局長は、「私たちは、日本政府が提供してくれる支援に心から感謝している」と謝辞を述べた。また式典の中で、佐藤所長とセルケイラ総裁によって物資の引き渡しを確認する文書への署名が行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界の日系移民資料館連携へ=第60回海外日系人大会=天皇皇后両陛下ご臨席に2019年10月12日 世界の日系移民資料館連携へ=第60回海外日系人大会=天皇皇后両陛下ご臨席に  海外日系人協会(飯泉嘉門会長)は「第60回海外日系人大会」を1日から3日間、東京都で開催した。『令和の日本と国際化の懸け橋・日系社会』を総合テーマに討議が行われ、四世以降の世代にも三世同様の在留資格の要求することを再確認し、世界各地にある日系資料館同士の情報交換と連携 […]
  • 滞日12年、デカセギ支援も=日本語堪能な伯人神父2019年10月1日 滞日12年、デカセギ支援も=日本語堪能な伯人神父  聖母婦人会創立70周年ミサの司式司祭を務めたアントニオ・ジェニヴァウド・デ・オリベイラ神父(46)に「どこで習ったのか?」と尋ねると、2001年から12年まで日本に12年間も滞在していたとのこと。2017年に亡くなった久次神父のあとを継ぎ、同婦人会で日本語による霊的指 […]
  • 移民史料館=三菱重工が模型船を寄贈110周年記念して「さんとす丸」=「昔乗った人も見に来て」2019年10月2日 移民史料館=三菱重工が模型船を寄贈110周年記念して「さんとす丸」=「昔乗った人も見に来て」  サンフランシスコ講和条約が発効となり戦後移住が再開した1952年に、戦後初めて移民船として建造された2代目「さんとす丸」。それを担当した三菱重工株式会社は、9月26日に文協ビル内のブラジル日本移民史料館(山下リジア玲子運営委員長)の8階で、日本人移民110周年事業の一 […]
  • アマゾン90周年記念式典3都市で=トメアスー、500人以上出席=州議会議長、舗装着工を宣言2019年9月24日 アマゾン90周年記念式典3都市で=トメアスー、500人以上出席=州議会議長、舗装着工を宣言  「アマゾン日本人移住90周年式典」が13日にパラー州トメアスー、14日に同ベレン、15日にアマゾナス州マナウスで開催された。アマゾン移民初入植地であるパラー州トメアスー郡では13日午前、トメアスー文化農業振興協会会館で開催され、500人以上が出席した。山田彰駐ブラジル […]
  • 垣花八洋夫『私の体験記』=一風変わったコラム風自分史2019年10月1日 垣花八洋夫『私の体験記』=一風変わったコラム風自分史  垣花八洋夫(かきのはな・やようお)さんが『楽書倶楽部』への投稿をまとめた本『私の体験記』(日毎叢書企画出版、152頁)を、この9月に刊行した。  垣花さんは沖縄県の多良間島出身で、1970年に技術移民として渡伯した。多良間島は、宮古島と石垣島の中間に位置する自然豊か […]