ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル雇用情勢》8月の正規雇用は12万人純増=6万超のサービス業が牽引

《ブラジル雇用情勢》8月の正規雇用は12万人純増=6万超のサービス業が牽引

 ブラジル経済省が25日に発表した8月の全就労・失業者台帳(Caged)によれば、8月は138万2407人が正規雇用の職を得て、126万1020人が正規雇用の職を失ったため、差し引き12万1387人分の正規雇用純増だった。26日付現地各紙が報じている。
 12万超の正規雇用増は、8月の結果としては6年ぶりの好結果だ。発表前の経済調査機関の調査平均は、9万8千人程度の純増だったが、これを上回った。また、今年8月の結果は、昨年8月の11万431人も上回った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ