ホーム | 日系社会ニュース | スキヤキ・ド・ベン=慈善晩餐会で美食、陶芸に堪能=一晩で20万レを施設に寄付

スキヤキ・ド・ベン=慈善晩餐会で美食、陶芸に堪能=一晩で20万レを施設に寄付

関係者らで記念撮影

 陶芸家の本間ヒデコ氏(64、二世)が企画・監修を務めるチャリティー晩さん会「第13回スキヤキ・ド・ベン」が13日夜、聖市の五つ星ホテル「チヴォリ・モファレジュ」で開催された。約350人が参加し、本間氏のこだわりの器にもった、有名シェフらの極上のコース料理を楽しんだ。
 来場者の参加費や、会場での絵画作品オークションで支払われた計20万レアル以上が、高齢者福祉施設「憩の園」と、精神障がい児支援を行う「トラベジア財団」に寄付された。

主催した本間さん

 豪華コース料理は、テレビ番組や雑誌でもとり上げられている有名シェフらが担当。アンドレ・サブロー、レオ・ヤング、ロドリゴ・マルチンス、ヴィコ・タンゴダ、ウィリアム・リベイロ、セーザル・ユキオ、ソムリエのヤスミン・ヨナシロ、カロリ―ナ・オダ8氏が自慢の腕を披露した豪華共演の料理となった。
 テーブルに皿が運ばれるたびに、参加者らは料理を口にし、その妙味にため息やうなり声を漏らした。

 晩さん会ではステージでショーも行われ、中平マリコさんが郷土民謡や歌謡曲を響かせ、エミリー・スガイさんは暗黒舞踏を見せた。マジシャンのイサオ・イマムラさんはカードやロープを使った奇術を披露して会場を大いに盛り上げ、参加者を楽しませた。
 福島近氏ら日系画家の絵画作品のオークションも実施。買い手が決まるたびに、会場から称賛の拍手が送られた。
 本間氏からリベルダーデ区や日系社会の活性化に尽力した功労者として、リベルダーデ商工会議所の池崎博文会長に表彰状が手渡された。

 晩さん会の前には、本間氏の生徒や趣旨に賛同した芸術家が陶芸作品を並べ、参加者は気に入ったものを一つ選び、さらに本間さんの作品も一つ受け取り、土産として持ち帰った。
 本間氏はイベントを行う理由を「陶芸を通して他人のために何かしたいと思った。器は料理が載ることで意味を持つ。だから陶芸と料理を合わせたイベントにした」と語った。
 憩の園を運営する社会福祉法人救済会の佐藤直会長は「今まで頑張ってきたお年寄りを思う気持ちで、みんなが集まってくれた。本当に嬉しい」と感謝の言葉を述べた。
 普段から本間氏の広報活動をサポートし、このイベントでも運営に携わったDO CULUTURAL社の高橋ジョーさん(66、二世)によれば「一流陶芸家の本間氏だからこそ、シェフもボランティアで協力してくれた」とのこと。
 毎回参加しているという吉岡初代さん(79、二世)は「他人のためにこんな大きな催しを開くのは大変な苦労のはず。私には真似できないから、参加して協力している。今回も美味しかった」と満足げだった。


□関連コラム□大耳小耳

 13日に開催された「第13回スキヤキ・ド・ベン」で、中平マリコさんが美空ひばりの名曲『川の流れのように』を披露すると、記者の隣にいた非日系の女性が「誰の歌なのか教えてほしい」と尋ねてきた。美空ひばりをアルファベットで書いて見せると、女性はすぐさまスマートフォンで検索していた。女性はポ語しか話さず、日本語は分からないようだが、名曲の良さは言葉も年代も越えて伝わるようだ。
     ◎
 「第13回スキヤキ・ド・ベン」でイベント運営に携わった高橋ジョーさんによると、本間ヒデコ氏は一流レストランに器を提供しているが、「器と料理の組み合わせ」に強いこだわりを持っており、時には先に料理を見てから器をそれに合わせて作ることもあるとか。プロのこだわりは計り知れないものだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 丹下太鼓道場=発表会で1年の成果披露=伝統踏まえて和洋融合へ2019年9月12日 丹下太鼓道場=発表会で1年の成果披露=伝統踏まえて和洋融合へ  コロニア最古の少年太鼓隊に始まり、41年目を迎えた丹下セツ子太鼓道場(梶原アウミル代表)は「第9回発表会」を1日、聖市の宮城県人会館で開催した。初めて四季をテーマにした舞台演出を取り入れ、季節を代表する百人一首を挟み込みながら、伝統的な太鼓から三味線とギター、ドラムス […]