ホーム | Free | 第14回4カ国語お話大会=松柏学園・大志万学院、5日

第14回4カ国語お話大会=松柏学園・大志万学院、5日

渡辺美枝先生とラモス先生

 松柏学園・大志万学院は日ポ英西4カ国語による『第14回お話大会』を5日午前8時から同学院(Rua Ferdinando Galiani, 80, Vila Mariana)で開催する。
 同大会では、言語ごとに予選が行われ、勝ち抜いた生徒約20人ずつが大会に出場する。低学年では一人30秒だが、高学年になると1分半になる。生徒本人が自由テーマで書いた作文を先生が添削し、気持ちを込めて発表する。各言語で順位が決められるほか、4言語全体から3人が総合表彰される。
 選考外だが4カ国語で発表する生徒も2人いるという。日本語科教師の渡辺美枝さんは「バイリンガル教育はいろいろな学校でやっているが、私たちはポリリンガル(多言語)を目指しています」と説明する。
 来社した大会担当のポ語教師のニシマラ・カシドリ・デ・カストロ・ラモスさんは「人前でしっかりと自己主張する訓練であるとともに、批判精神も育てる効果がある」と同大会の目的を語り、「一般の方の傍聴も歓迎です。ぜひ子どもたちの成長ぶりを見てください」と呼びかけた。問合せは同学院(11・5908・0019)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会2019年9月10日 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会  「日系人にとって郷土料理とは何か」、「日系人にとって郷土とは何か」、「現在日本における『日本文化?』の流動性」、「言葉とアイデンティティの関係を過度に重視する問題」――などなど、気になるキーワードがたくさん専門家から語られた興味深い国際学会が4~6日に、聖市のジャパン […]
  • 池上教授=グローバル人材の活躍支援を=在日伯人の永住化傾向指摘=静岡県、滞在20年超45%も2019年2月22日 池上教授=グローバル人材の活躍支援を=在日伯人の永住化傾向指摘=静岡県、滞在20年超45%も  「日本のブラジル人コミュニティでは高齢化が進み、親族が集中して住むようになり、永住化傾向が顕著」――そんな興味深い研究結果を、静岡文化芸術大学副学長、池上重弘教授は20日、聖市のジャパン・ハウスで講演し、満員となる120人が熱心に耳を傾けた。日本のブラジル人コミュニテ […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 《ブラジル》国内難民の多くが平均より高学歴=大卒者が3分の1以上2019年5月31日 《ブラジル》国内難民の多くが平均より高学歴=大卒者が3分の1以上  国連の難民高等弁務官事務所(UNHCR)が行った、「ブラジル在住難民たちの社会的、経済的実態調査」が30日に発表されたと、同日付現地各紙・サイトが報じた。  多くの難民はブラジル人の平均を上回るレベルの教育を受けているが、自国での学位が認められず、労働市場で自分の専 […]
  • 《ブラジル》文協文化祭り=20日開幕、日本館と文協で=着物ショーなど多彩な8日間2017年5月20日 《ブラジル》文協文化祭り=20日開幕、日本館と文協で=着物ショーなど多彩な8日間  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が『第11回文化祭り』を開催する。20日~25日にサンパウロ市のイビラプエラ公園内日本館(Av. Pedro Álvares Cabral, Vila Mariana)、27、28日に文協ビル(Rua Sao Joaquim, […]