fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州議会》PSL議員がピノチェト式典提案=チリの独裁者に強い反発

《サンパウロ州議会》PSL議員がピノチェト式典提案=チリの独裁者に強い反発

 サンパウロ州議会で、社会自由党(PSL)の議員が、チリの独裁者、アウグスト・ピノチェト氏を称える式典を提案していたことが明らかになった。21日付現地紙が報じている。
 提案を行ったのはPSLのフレデリコ・ダヴィラ州議だ。同州議によると、12月10日はピノチェト氏の命日(2006年没)であり、「米国のレーガン大統領や英国のサッチャー首相も尊敬した政治家を称えよう」との目的で提案を行い、官報にも記された。
 だが、ピノチェト氏は、70年代の南米の軍事独裁政権時代に、世界最大級(公称で3千人以上)の政治犯を殺害した大統領として世界的に知られている。チリで10月から行われている民衆デモの目的の一つは、同氏が大統領時代に定めた憲法を変えさせることだとされている。
 同州議の提案は20日に報道され、強い反発を招いた。翌21日にはカウエー・マクリス議長(社会民主党・PSDB)が、「式典開催を阻止する」との宣言を行っている。
 19日にPSLに離党届を出し、21日には新党立ち上げを宣言したボルソナロ大統領も、ピノチェト氏に心酔していることで知られている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者1日で1万人増、死者も計8500超!=死者数では世界第6位に=南米隣国が現状を懸念2020年5月8日 《ブラジル》コロナ感染者1日で1万人増、死者も計8500超!=死者数では世界第6位に=南米隣国が現状を懸念  【既報関連】6日、新型コロナ感染者が前日比1万503人増の12万5218人、死者も615人増の8536人となり、1日の増加数の最高値を更新した。7日午後4時現在の州保健局の集計での感染者は12万8975人、死者は8685人となったと6、7日付現地紙、サイトが報じた。 […]
  • 拡散の止まらぬコロナウイルス=暗闇を抜け出したいブラジル=聖市在住 駒形秀雄2020年4月15日 拡散の止まらぬコロナウイルス=暗闇を抜け出したいブラジル=聖市在住 駒形秀雄  コロナウイルスの拡散が止まらない。  今年初めに中国で発生したと聞いた時は、まだ「対岸の火事」程度に考えていたが、まもなくイタリア、スペインに飛び火し、「とうとうヨーロッパでも」とびっくりさせられました。  更に拡散の勢いは留まらず、後から地力に優る米国が急迫して、今やニ […]
  • サンパウロ州に外出禁止令=急速に広がるコロナウイルス 駒形 秀雄2020年3月24日 サンパウロ州に外出禁止令=急速に広がるコロナウイルス 駒形 秀雄  昨年末、中国武漢市で始まった新型コロナウイルス病は2月~3月中にイタリアを始めとするヨーロッパを席捲し、今月からはここブラジルでも急速に拡大の様相を見せています。  これに対し連邦政府、特にボルソナロ大統領は国民を元気付けようとして「一寸したカゼみたいなものさ」と公 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]