ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》工業生産高が世界トップ10から転落の危機=「原因は複合的」と専門家=過去の失政のツケがまわる?

《ブラジル》工業生産高が世界トップ10から転落の危機=「原因は複合的」と専門家=過去の失政のツケがまわる?

北東バイーア州の製紙工場(参考画像・Amanda Oliveira/GovBA)

 2014年初めから2018年末までの5年間で、世界の工業生産は約10%増えたが、ブラジルは逆に15%減少した。そのため、ブラジルは世界の工業生産ランキングトップ10から転落する可能性があると、1日付現地紙が報じた。
 専門家たちは、ブラジル工業の低迷の理由として、2015~16年の景気後退や、「隣国アルゼンチンの経済危機に伴う同国への輸出減少」、「今年1月にミナス州で発生したブルマジーニョ鉱滓ダム決壊事故」、「昨年5月に発生した大規模トラックスト」、「内需の低迷」などを挙げている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ