ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州グアラレマ市》銀行2カ所で強盗が発生==犯人11人死亡、10人超が逃走

《サンパウロ州グアラレマ市》銀行2カ所で強盗が発生==犯人11人死亡、10人超が逃走

 サンパウロ大都市圏グアラレマ市で4日未明、市内2カ所の銀行襲撃を企図した犯罪集団と警察の間で銃撃戦が発生、11人が死亡(4日午後2時時点)したと、同日付現地ニュースサイトが報じた。

 事件が起こったのは午前4時頃で、武装した犯罪集団は5台の防弾車に乗り込み、同市内セントロのブラジル銀行とサンタンデール銀行を襲撃した。襲われた二つの銀行は300メートルと離れておらず、ブラジル銀行は警察署の隣だった。

 軍警によると、犯罪集団は少なくとも25人以上いた。命を落とした11人の他に1人が捕まったが、残りの容疑者らは逃走。4日昼時点も追跡は続いていた。死んだ11人の内、7人は近隣の市に向かう街道での銃撃戦で死亡、残る4人も逃走中に射殺された。

 被害にあった銀行は各々、「強盗未遂」(サンタンデール)、「破壊行為にあった」(ブラジル銀行)との声明を発表。建物の被害状況を調べている。

 犯人たちは自動支払機の爆破を試みたが、実際に金が盗まれたかどうかは、4日昼時点では発表されていない。

 強盗の1人は、逃走中に農園に逃げ込み、一家を人質にとったが、警察に射殺された。怪我人は出なかった。

 警察はライフル10丁、ピストル4丁、リボルバー2丁、ショットガン2丁、防弾チョッキ、8個の爆発物と発火装置を押収した。

 ジョアン・ドリア同州知事は事件後、警察を賞賛し、「警察は犯罪に正しく対応し、10人以上を墓場送りにした」とのコメントを出した。

 警察は9カ月前から犯罪集団の動きを監視しており、4日に襲撃との事前情報も得ていたため、警戒体制を強化して賊を迎え撃ち、被害を最小限に食い止めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 麻疹=サンパウロ州の患者は増加の一途=リオ州でも流行の懸念拡大2019年8月2日 麻疹=サンパウロ州の患者は増加の一途=リオ州でも流行の懸念拡大  サンパウロ州保健局が7月30日、麻疹(はしか)の患者数が633人に増え、内484人はサンパウロ市在住の患者だと発表したと7月31日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  7月17日現在の患者は484人だったから、患者数は2週間弱で149人増えた事になる。  同州 […]
  • サンパウロ大都市圏=金塊強奪事件の容疑者逮捕=人質と偽った職員含む3人2019年7月30日 サンパウロ大都市圏=金塊強奪事件の容疑者逮捕=人質と偽った職員含む3人  【既報関連】サンパウロ大都市圏グアルーリョス市のクンビッカ国際空港で25日に起きた約720キロの金塊強奪事件で、27~29日に容疑者3人が逮捕されたと29日付現地紙、サイトが報じた。  最初の逮捕者は、人質にされたと言っていた空港職員のペテルソン・パトリシオ容疑者( […]
  • 《サンパウロ州》積もり積もったゴミ9トン!=妻の癖にたまりかねた夫が処分2019年7月30日 《サンパウロ州》積もり積もったゴミ9トン!=妻の癖にたまりかねた夫が処分  サンパウロ州内陸部サウト市で、妻が拾ってくるゴミの山に辟易した夫が塀を壊し、道路にゴミを投げ出すという事件が発生。市役所の助けを得て処分したゴミは9・2トンに及び、トラック7台で運び出された。  ジャルジン・トレス・マリアス区でのゴミの投げ出しは、22日に起きた。近 […]
  • サンパウロ州=バス天井にぎっしり1トン=新手の大麻密輸手法を摘発2019年7月27日 サンパウロ州=バス天井にぎっしり1トン=新手の大麻密輸手法を摘発  サンパウロ州道路警察(軍警)が25日、同州内陸部のプレジデンテ・ベルナルデスで、天井に大量の大麻を隠して運んでいたバスを摘発し、運転手を逮捕したと同日付現地紙サイトが報じた。  大麻を隠したバスが摘発されたのは、ピラポジーニョとミランテ・ド・パラナパネマを結ぶ州道2 […]
  • 《ブラジル》警察装い金塊720キロ強奪=空港強盗事件では過去最高額2019年7月27日 《ブラジル》警察装い金塊720キロ強奪=空港強盗事件では過去最高額  サンパウロ大都市圏のグアルーリョス国際空港で25日午後、警官に変装した武装強盗が718・9キロの金塊(1億1020万レアル、30億円相当)を奪って逃走する事件が起きたと、25、26日付現地各紙・サイトが報じた。犯人はまだ逃走中だ。  強盗団は総勢8人(一部報道では1 […]