ホーム | コラム | オーリャ! | ユーチューブから始まった政治活動

ユーチューブから始まった政治活動

 「若手日系人の集い」で初めて知ったが、政治とは無縁だったキム・カタギリ連邦下議(23歳)が、社会問題に関心を持つようになったキッカケは、高校の授業で取上げられたボウサ・ファミリアだった。「国の発展のための政策だと教わったが、詳しく制度を調べてると、単なるばら撒きに過ぎないと思った。そこで批判ビデオを作りユーチューブに投稿すると『他の話題も話してくれ』と言われるようになった」と振返る。
 経済セミナーに参加して知識を深め、そのユーチューブの番組は一躍有名に。経済は専門用語が飛び交うので理解が難しい。「だからこそ、分かりやすい言葉で国民に政策を説く必要性を感じた」。その流れからブラジル自由運動(MBL)が誕生したという。
 ジウマ大統領弾劾を目的とした一連の政治デモを行い、ブラジリアまで徒歩で向かうデモ行進で世間の関心を集めた。
 カタギリ下議は1カ月の議員生活を振返り、「無駄な経費削減に取組んでいる。年金改革は非常に重要。ブラジルにおける最大の議論が、今年行われる」と結んだ。彼から刺激を受けた新しい日系社会リーダーがこの「若手日系人の集い」から生まれることを大いに期待したい。(航)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • “人たらし”な魅力2019年5月8日 “人たらし”な魅力  伯国日本語センターの日下野良武理事長は就任直後の昨年4月、活動の3本柱の一つとして「日本との連携強化」を挙げた。その後すぐに訪日し、日本政府へ支援を訴えた。今年で77歳を迎える同氏の行動力には、いつも刺激を受ける。  日下野理事長はかつてサンパウロ新聞専務を務めた経験があり […]
  • ブラジル人の“おもてなし”2019年5月4日 ブラジル人の“おもてなし”  こちらに来る前、日本で知り合った伯人留学生に友人を紹介してもらい、先日こちらで初めて顔を合わせた。「まだ観光してない」と言うと、彼は親切にも聖市セントロ周辺を案内してくれた。  オーリャ子がポ語を殆ど話せないため、拙い英語で彼と意思の疎通をした。彼は会ったばかりのオーリャ子 […]
  • 皇室への関心2019年4月30日 皇室への関心  本紙で記者研修を始めて約3週間になる平成9年生まれのコラム子。改元が迫り、皇室に関する記事を扱うが、実は私自身は皇室にあまり関心がない。  中学1年生の時、東日本大震災が発生した。三重県に住んでいたので幸い被害はなかった。だが報道を目にし、いかに凄まじいものかを知った。その […]