fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 グローボTV局は26日、看板ニュース番組「ジョルナル・ナシオナル(JN)」のキャスター、ウィリアム・ボーネル氏に対して「威嚇行為が行われている」として、強い遺憾の意を表明した。ボーネル氏は先週から、息子の納税者番号(CPF)を違法な形で使ったコロナウイルスの緊急手当の引き落としが行われるなどの被害にあうなど、一家のCPFが漏洩しているという。痛烈なボルソナロ政権批判を連日行ってJNは視聴率を上げており、その分、大統領支持者の反感も強く、ネットでの中傷も目立っていた。ただ、個人情報を盗んで悪用するのは度を過ぎた犯罪。大統領の足を引っ張るだけでは。
     ◎
 先週20日から、サンパウロ市は、休日の繰り上げによる大型連休「フェリアダン」を行った。その最終日だった25日は、注目の隔離(自宅待機)率が53%まで上がったという。市としては55%はほしかったというが、実施前の隔離率は50%を割っていたことを考えれば、実施した甲斐はあったというべきか。もっとも、コロナの感染者、死者の状況は改善せぬまま、もうすぐ6月を迎えてしまう。サンパウロ州は地域別の外出規制適用を考えはじめているが、隔離率をあげるための次なる手はあるのか。
     ◎
 最高裁のジアス・トフォリ長官は、先週末、体調を崩してコロナウイルスの検査を受けたが、結果は陰性だった。同長官は23日に吹き出物の手術を受けたが、その際にコロナの兆候を感じたために、検査を受けていた。トフォリ長官は1週間、静養を取る予定で、その間はルイス・フクス副長官が代行する。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に2020年10月8日 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に  サンパウロ市市長選に伴う恒例のテレビ候補者討論会が続々にキャンセルされており、支持率1位のセルソ・ルッソマノ候補(共和者・RP)以外の候補者を苛立たせていると、7日付現地紙が報じている。  討論会のキャンセルは、9月28日にSBT局がコロナ禍を理由にキャンセルと発表 […]
  • 《記者コラム》集団免疫に近づいたサンパウロ、リオ、マナウス2020年9月1日 《記者コラム》集団免疫に近づいたサンパウロ、リオ、マナウス  8月22日、「世界の幾つかの都市では集団免疫になった可能性がある」というニュースが急に流れた。それまでは学術系サイトでしか散見されなかった内容が、20日を区切りに一般メディアでも表れた。  例えばグローボ系列のリオ地方紙「エストラ」サイト22日付≪新型コロナウイルス […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • ≪ブラジル連邦政府≫コロナ死者増を地方政府のせいに=報告書で州知事や市長名を強調=大統領はグローボTVに当てこすり2020年8月12日 ≪ブラジル連邦政府≫コロナ死者増を地方政府のせいに=報告書で州知事や市長名を強調=大統領はグローボTVに当てこすり  連邦政府が、新型コロナウイルスに関する報告書で、感染者や死者増の責任を知事や市長になすりつけるような表現をして連邦議員などに配布していた事実が明らかになり、批判の声が上がっている。10日付現地紙が報じている。  これは連邦政府が10日に発表した報告書で明らかになった […]
  • 《ブラジル》大統領長男が一部支払い認める=職員給与から公費流用疑惑2020年8月6日 《ブラジル》大統領長男が一部支払い認める=職員給与から公費流用疑惑  ラシャジーニャ疑惑で自宅軟禁中の元職員ファブリシオ・ケイロス容疑者に、フラヴィオ・ボルソナロ上議が保健費や娘の学費などを支払わせていた事実を認めた。同上議はラシャジーニャ疑惑への関与をなおも否定している。5日付現地紙が報じている。  これはグローボ紙に掲載された同上 […]