ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今

《サンパウロ州》州道通行料が値上がり=例年なら7月の調整が今

アニャンゲーラ道アララクアラの料金所(Google)

 例年なら7月1日に調整されるサンパウロ州の州道の通行料が、新型コロナのために5カ月先延ばしされ、12月1日に調整された。
 料金調整の対象となったのはアンシエッタ、イミグランテス、アニャンゲーラ、バンデイランテス、プレジデンテ・カステロ・ブランコ、ラポゾ・タヴァレス、アイルトン・セナ、タモイオス、環状線(ロドアネル)などだ。
 サンパウロ州公共運輸サービス規制機関(Artesp)によると、通行料の調整は広範囲消費者物価指数(IPCA)がベースだから、基本的には2019年7月~2020年6月のIPCA上昇分の2・13%の調整となるが、契約のタイプや民営化された時期により若干異なる。

 サンパウロ市と海岸部をつなぐイミグランテス道システムの場合、アンシエッタ道31キロ地点にあるリアショ・グランデ料金所とイミグランテス道32キロ地点にあるピラチニンガ料金所の料金が60センターヴォ高の28レアル、コネゴ・ドメニコ・ランゴニ道250キロ地点にあるサントス料金所の料金も20センターヴォ高の13レアルになったが、パドレ・マノエル・ダ・ノブレガ道280キロ地点にあるサンヴィセンテ料金所の料金は7・60レアルで据え置かれた。
 イミグランテス道16キロ地点のジアデマと20キロ地点のエルドラドの料金所の料金は2レアルと3・80レアルで据え置かれたが、同道24キロ地点のバチスチニ料金所では6・20レアルが6・40レアルに調整された。
 各道、各料金所の料金は、Artespの公式サイト(http://www.artesp.sp.gov.br/Style%20Library/extranet/rodovias/pedagios.aspx)に掲載された料金表で確認できる。(1日付アジェンシア・ブラジル、11月20日付アゴラ紙サイト、11月30日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月13日 東西南北  サンパウロ市ブタンタン研究所が8日に国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用許可申請をした。これで、新型コロナウイルスのワクチン「コロナバック」の接種が、サンパウロ州が予定しているように1月25日から開始されることが現実味を帯びてきている。そんな中、「誰が最初にコロナバックの […]
  • 汎米日語教師合同研修会開講=南米5カ国12人が3週間=初のオンラインで実施2021年1月8日 汎米日語教師合同研修会開講=南米5カ国12人が3週間=初のオンラインで実施  日本語センター(日下野良武理事長)が5日、「汎米日本語教師合同研修」開講式をオンラインで開催した。ブラジルのほか、アルゼンチン、ペルー、チリ、ボリビアから日本語教師12人が参加し、オンライン上で3週間の研修を行う。  来賓には在聖総領事館の小堤明日香領事、JIC […]
  • 【2021年新年号】新年明けましておめでとうございます=サンパウロ日伯援護協会2017-20年理事会 会長 与儀昭雄2021年1月5日 【2021年新年号】新年明けましておめでとうございます=サンパウロ日伯援護協会2017-20年理事会 会長 与儀昭雄  皆様、新年あけましておめでとうございます。  皆様におかれましてはコロナ禍にあってもますますご清栄のことと、お慶び申し上げます。常日頃より、サンパウロ日伯援護協会(援協)に対し、多大なるご支援を賜り、篤く御礼申し上げます。  旧年は新型コロナウイルスの感染が世界各地に急速 […]