ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》MT州で鉱滓ダム決壊=2人が負傷、地域は孤立

《ブラジル》MT州で鉱滓ダム決壊=2人が負傷、地域は孤立

ダム決壊で鉱滓に覆われた土地(Divulgação ANM)

 マット・グロッソ州州都のクイアバから42キロのノッサ・セニョーラ・ド・リヴラメントで1日、鉱滓ダム決壊事故が起きたと1日付現地紙サイトが報じた。
 国家鉱業庁(ANM)によると、決壊したのは高さ15メートルの鉱滓ダムで、金採掘に伴う鉱滓が58万2171・51立方メートルほど溜まっていたという。
 ダム決壊に伴う鉱滓流出は小規模で済み、ダムから1~2キロの範囲、厚みも10センチ程度に止まったが、ダム決壊に気づいた作業員(ショベルカーとトラックの運転手)が、ケガをして病院に運ばれた。
 ANMは直ちに採掘作業を停止させ、決壊が進む可能性の有無などを確認している。
 ダム決壊で流出した鉱滓が電信柱4本を倒したり埋没させたりしたため、同地区の送電システムに損傷が生じたが、電力会社は直ちにシステム修復などを行っている。
 ANMによると、決壊したダムは、これまでに提出された各種報告書では1度も異常が報告されておらず、国家ダム安全政策(PNSB)には、危険度やリスクは低いと登録されていた。鉱山所有者のVMミネラソンは9月25日に、同社と地方建築・工学・農業技師協議会(Crea)の各責任者の署名入りの現状報告を提出したが、そこでも決壊の危険性は指摘されていなかった。
 同州環境局によると、今回の事故では水源や環境保護区は直撃を免れており、鉱滓が覆った土地も、牧草地と同社の敷地内に止まったという。
 VMミネラソンには生産活動停止と原因究明、緊急対策の詳細を記した報告書の提出が命じられた。同社の操業許可は21年7月までで、決壊したダムは鉱滓80%、水分20%。汚染物質は含まれていないという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》新たに3市がメトロポリスに=カンピーナスは州都以外で初の快挙2020年6月27日 《ブラジル》新たに3市がメトロポリスに=カンピーナスは州都以外で初の快挙  ブラジル地理統計院(IBGE)が25日、エスピリトサント州ヴィトリア、サンタカタリーナ州フロリアノポリス、サンパウロ州カンピーナスの3市をメトロポリスに認定したと発表した。  メトロポリスとは、国や大きな地方における経済・文化の中心で、国際的な連携のハブとなるような […]
  • 《ブラジル》銀行までの秘密トンネル発見=5月から70メートル掘り進む2019年12月24日 《ブラジル》銀行までの秘密トンネル発見=5月から70メートル掘り進む  ブラジル中西部の南マット・グロッソ州カンポ・グランデ市で22日未明、市内にあるブラジル銀行に向かってトンネルを掘っていたグループが摘発され、警官との間で銃撃戦が展開された。  グループが目指していたのはブラジル銀行中央管理センターの金庫で、現地時間の22日午前0時3 […]
  • 《ブラジル》国立公園の火災2週間超える=観光名所も焼けて、高速道にも煙2019年9月10日 《ブラジル》国立公園の火災2週間超える=観光名所も焼けて、高速道にも煙  マット・グロッソ州シャッパーダ・ドス・ギマランエス国立公園での火災が2週間を超え、週末には、同公園内の観光名所の一つのポルタン・ド・インフェルノ(地獄の門)にも火が及んだ。また、ポルタン・ド・インフェルノの傍を通り、同州州都のクイアバ市と同公園を結ぶ州道251号線は、 […]
  • 《ブラジル》飛行機事故が連続して発生=アマゾナス、マット・グロッソで2019年9月18日 《ブラジル》飛行機事故が連続して発生=アマゾナス、マット・グロッソで  16日にブラジル国内で、小型機の事故が連発して起きたと16、17日付伯字紙が報じた。  最初の事故は、同日昼過ぎに、アマゾナス州マナウス市西部のエドゥアルド・ゴメス国際空港から同州内陸部のマウエス市に向かおうとした乗客8人と乗員2人を乗せた単発機が、離陸直後に空港敷 […]
  • 《ブラジル》緊急着陸機から460万レ=前歴あるイタリア人操縦士2019年7月3日 《ブラジル》緊急着陸機から460万レ=前歴あるイタリア人操縦士  ブラジル中西部のマット・グロッソ州アウタ・フロレスタ市の空港で、6月30日に緊急着陸した小型機から460万レアル以上が入ったトランクが見つかり、操縦していたイタリア人が逮捕されたと同日ならびに7月1、2日付現地紙サイトが報じた。  同州州都のクイアバ市から約800キ […]