ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 このところ本頁でも度々報じている、2メートルの段差が生じたサンパウロ市西部ヴィラ・ロボス公園前のマルジナル・ピニェイロスの高架橋に関し、ジャッキを使って橋を持ち上げる作業が12月1日(土)からスタートすると、27日に市が発表した。作業当日は、事故現場の下を線路が走るCPTM9号線のヴィラ・ロボス/ジャグアレー駅~シダーデ・ウニヴェルシタリア駅間が運行停止に。ピニェイロス川沿いの自転車道も通行止めとなる見込みだ。関係者以外に現場付近には近づけない雰囲気だが、本当にジャッキで橋が持ち上がるのか。野次馬根性で見てみたい気も。
     ◎
 マルジナル・ピニェイロスの事故で、改めてサンパウロ市内の高架橋の老朽化問題が取り沙汰されているが、28日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、市中央部のメンテナンス予定の高架橋八つが、10月19日に「工事予定」の看板が立てられて以来、工事に入っていないという。八つのうちの七つは5月23日大通り沿いにある。先述の事故以来、市民も不安に感じているので、早めに対処してほしい。
     ◎
 23日付本欄で報じた、サンパウロ市南部イタイム・ビビの日本料理店「JAM」で、寿司職人が突如として包丁で同僚や顧客を威嚇、同僚にケガを負わせた末、通報を受けて駆けつけた警察官に射殺された事件に関し、軍警10人が免職処分となった。軍警は正当防衛を主張したが、監視カメラで確認した結果、寿司職人が何かを投げた後、ゴム弾で応酬した軍警が実弾も使用。職人は背後から被弾しており、軍警の証言と食い違っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年2月2日 東西南北  ここのところ、ボウソナロ大統領や同大統領が抜擢した大臣たちと異なる見解を語って話題となっているアミウトン・モウロン副大統領が、グローボ紙への取材で「あくまでも政府でなく自分の意見」としながらも、「中絶は女性の権利だ」と語っていたことが明らかになった。この言動をめぐり、熱心なボ […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボウソナロ政権内で、ボウソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボウソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • 東西南北2019年2月1日 東西南北  今日1日から連邦議会が再開。政界の1年が本格的にはじまるが、ボウソナロ大統領の長男のフラヴィオ氏も上院議員としての職につく。リオ州議員時代の幽霊職員採用並びに元運転手ケイロス氏への多額の支払や、リオの民兵犯罪組織(ミリシア)との関わりなどへの疑惑が持たれている中、「上議辞退」 […]
  • 東西南北2019年1月29日 東西南北  ジャン・ウィリス下議の暗殺を恐れての国外避難に関しては、同下議のボウソナロ大統領との敵対関係が関係し、感情的な判断を行う国民も少なくない。だが、アミウトン・モウロン副大統領はそんな中、「ウィリス氏の命を脅かすことは民主主義を脅かすものだ」との発言を行った。選挙期間中の失言連続 […]
  • 東西南北2019年1月30日 東西南北  28日にサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院で行われたボウソナロ大統領の大腸縫合手術の詳細は以下のとおり。手術は8時30分からで、当初は3~4時間と見られていたが、実際には15時30分に終わり、7時間かかった。当初は大腸と大腸を繋ぐ予定だったが、血流が確保しやすく、回 […]