ホーム | 日系社会ニュース | 元サ紙の吉永記者が来社=ブラックロードの嵐さんも

元サ紙の吉永記者が来社=ブラックロードの嵐さんも

来社した嵐よういちさん、吉永拓哉さん、赤山貴文さん

 サンパウロ新聞社で福岡支局長を勤めていた吉永拓哉さん(42、福岡県)が来伯し、友人の嵐よういちさん(50、東京都)と赤山貴文さん(42、北海道)と共に本紙を訪れた。
 吉永さんは、昔地元福岡で暴走族副総長を務め、19歳で少年院送致となった特異な経歴を持つ。20歳で南米のエクアドルに渡り、ペルー、ブラジルなどを転々としながら、現地の日系社会と交流を持っていった。
 04年にサンパウロ新聞社に入社し、06年に帰国後はサンパウロ新聞福岡支局を立ち上げた。現在は海外送金サービスを提供する「KYODAI博多店」の経営や、福岡市中心部の繁華街・親不孝通りの町内会長を務めている。
 「来年、福岡県から外国へ子どもたちをホームステイさせる事業を始めることになり、受入国で真っ先に手を上げたのがペルーだった。そこで1週間視察に行き、9月22日にブラジルへ着いた」と来伯経緯を語る。
 滞在中は「昨年廃刊となったサンパウロ新聞を見たり、高齢の日本人移民の方々に挨拶したい」と笑顔を見せた。
 一緒に来社した旅行作家、旅行ジャーナリストの嵐さんは、バックパッカーとして世界70ヵ国以上を回っており、その筋では相当に有名な人物。60万冊も売れている人気シリーズ『海外ブラックロード』(彩図社)には、ブラジル情報もたっぷり書かれており、世界各国の中でも「サンパウロのリベルダーデが大好き」と言うほどブラジルを気に入っているという。


□関連コラム□大耳小耳

 吉永拓哉さんと共に来社した旅行ジャーナリストの嵐さんは、世界40カ国以上を歩き回った後に、その体験を書いてベストセラーになった。その紹介を読むと《ボンベイのぼったくりタクシー、ブダペストのネオナチ、ハノイのタカリ、エルサレムのジャップ攻撃、モンバサの強盗、差別の国コスタリカ、NYセントラルパークの変態野郎、バンコクの群犬、侮蔑的イスラエル入国検査、アトランタ獄中記》など破天荒な経験を重ねている。そんな人が「リベルダーデには何十年か前の日本のような温かさを感じる。移民をもっと知ってもらうために、自分のネットラジオ『海外ブラックロードpodcast』で移民の話をするつもり」と東洋街を気に入っている様子。リベルダーデの魅力を、日本の若者に向かって発信してほしいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 下本氏が白寿者に敬老金=27人に感謝状と共に贈呈=01年続き2度目の心遣い2020年7月3日 下本氏が白寿者に敬老金=27人に感謝状と共に贈呈=01年続き2度目の心遣い  6月18日の『ブラジル日本移民の日』112周年を記念して、ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が毎年実施している「白寿者表彰」に合わせて、元サンパウロ州議会議員の下本八郎さん(二世、84歳)が、対象者の27人に感謝状と最低給料分の敬老金を贈呈した。下本さんが白寿 […]
  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]
  • ジャパンハウス=招き猫、武道、建築、七夕祭り=オンラインで日本文化紹介2020年7月2日 ジャパンハウス=招き猫、武道、建築、七夕祭り=オンラインで日本文化紹介  サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)が、クアレンテナ(検疫)に対応してオンライン上で様々な日本文化を紹介する「#JhspOnline」を引き続き開催されており、7月10日までのスケジュールを紹介する。 ▼7月1日(水)「美食 […]
  • 日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ2020年6月30日 日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ  「残念な事にコロナで、子供たちが楽しみにしていた運動会やフェスタジュニーナ等のイベントが無くなりました。子供たちと『今年は我慢して、来年のお楽しみにしようね』と慰めあっています」――赤間学院ピオネイロ校(ヒライ・アカミネ・イルマ校長)及びむつみ幼稚園(由永サニー・清水 […]
  • 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」2020年7月1日 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」  「ブラジルで一番心に残っているのは、やはり移民110周年に眞子内親王殿下にお越し頂き、訪問先の日系社会との交流を間近で拝見できたことです。皇室はブラジル日系社会にも目を向け、日系社会からも皇室に対する尊敬の念が深いことを実感させられました。相互の絆は本当に根強いと思い […]