ホーム | 日系社会ニュース | 元サ紙の吉永記者が来社=ブラックロードの嵐さんも

元サ紙の吉永記者が来社=ブラックロードの嵐さんも

来社した嵐よういちさん、吉永拓哉さん、赤山貴文さん

 サンパウロ新聞社で福岡支局長を勤めていた吉永拓哉さん(42、福岡県)が来伯し、友人の嵐よういちさん(50、東京都)と赤山貴文さん(42、北海道)と共に本紙を訪れた。
 吉永さんは、昔地元福岡で暴走族副総長を務め、19歳で少年院送致となった特異な経歴を持つ。20歳で南米のエクアドルに渡り、ペルー、ブラジルなどを転々としながら、現地の日系社会と交流を持っていった。
 04年にサンパウロ新聞社に入社し、06年に帰国後はサンパウロ新聞福岡支局を立ち上げた。現在は海外送金サービスを提供する「KYODAI博多店」の経営や、福岡市中心部の繁華街・親不孝通りの町内会長を務めている。
 「来年、福岡県から外国へ子どもたちをホームステイさせる事業を始めることになり、受入国で真っ先に手を上げたのがペルーだった。そこで1週間視察に行き、9月22日にブラジルへ着いた」と来伯経緯を語る。
 滞在中は「昨年廃刊となったサンパウロ新聞を見たり、高齢の日本人移民の方々に挨拶したい」と笑顔を見せた。
 一緒に来社した旅行作家、旅行ジャーナリストの嵐さんは、バックパッカーとして世界70ヵ国以上を回っており、その筋では相当に有名な人物。60万冊も売れている人気シリーズ『海外ブラックロード』(彩図社)には、ブラジル情報もたっぷり書かれており、世界各国の中でも「サンパウロのリベルダーデが大好き」と言うほどブラジルを気に入っているという。


□関連コラム□大耳小耳

 吉永拓哉さんと共に来社した旅行ジャーナリストの嵐さんは、世界40カ国以上を歩き回った後に、その体験を書いてベストセラーになった。その紹介を読むと《ボンベイのぼったくりタクシー、ブダペストのネオナチ、ハノイのタカリ、エルサレムのジャップ攻撃、モンバサの強盗、差別の国コスタリカ、NYセントラルパークの変態野郎、バンコクの群犬、侮蔑的イスラエル入国検査、アトランタ獄中記》など破天荒な経験を重ねている。そんな人が「リベルダーデには何十年か前の日本のような温かさを感じる。移民をもっと知ってもらうために、自分のネットラジオ『海外ブラックロードpodcast』で移民の話をするつもり」と東洋街を気に入っている様子。リベルダーデの魅力を、日本の若者に向かって発信してほしいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍=検査キット期限切れで大量廃棄?=感染再増加中に686万人分も=ICU占有率や死者数も急上昇2020年11月24日 《ブラジル》コロナ禍=検査キット期限切れで大量廃棄?=感染再増加中に686万人分も=ICU占有率や死者数も急上昇  【既報関連】新型コロナウイルスの感染者や死者が再び増えている中、サンパウロ州グアルーリョス市で保管されている新型コロナの検査キット686万人分が廃棄処分となる可能性があると22日付エスタード紙が報じた。  グアルーリョス市で保管中の検査キットは715万人分で、その9 […]
  • 東西南北2020年11月24日 東西南北  29日の市長選の決選投票を前に、影響力のある政治家たちが誰の支持表明をするかに注目が集まっている。21日、ひときわ目立つ応援例が見られた。それは元サンパウロ市市長のマルタ・スプリシー氏だ。この日、自らの票田だったサンパウロ市南部パレリェイロスに現れたマルタ氏は、法王専用車みた […]
  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]
  • JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」2020年11月24日 JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」  日伯外交樹立125周年を記念して、ジャパン・ハウス(エリック・クルッグ館長)は12月6日午前10時から「カミーニョス・ブラジル・ジャポン」(日伯散策)を開催する。サンパウロ市の日本移民や日本文化に所縁のある場所を歩いてたどりながら、それをオンライン(https://w […]
  • カンピーナス=野口英世胸像のプレート再設置=盗難受け、福島県人会再製作2020年11月24日 カンピーナス=野口英世胸像のプレート再設置=盗難受け、福島県人会再製作  ブラジル福島県人会(今井マリーナ由美会長)は、カンピ―ナス日伯文化協会(花田忠義会長)とサンパウロ州カンピーナス市役所協力のもと、野口英世胸像に青銅鋳物プレートを再設置した。  数年前にこのプレートは盗難避難に遭っていた。永山八郎県人会前会長の強い要請を受けて、20 […]