ホーム | Free | 福島県人会が研修生募集=百寿以上の県人も、9日まで

福島県人会が研修生募集=百寿以上の県人も、9日まで

案内で来社した今井会長、櫻井さん

 福島県人会(今井マリナ会長)は令和元年度中南米国移住者受入事業の研修生の募集と、令和2年度百歳賀寿の該当者を表彰する為に調査を行っている。いずれも連絡は9日(水)まで。
 中南米国移住者受入事業は、中南米から5人募集。期間は2020年1月22日(水)~1月31日(金)の10日間(日本時間、予定)。資格要件は同県出身者の子弟で、18歳~39歳、日本語能力は問わない。ただし県内に親族等がいて、心身ともに健全で、研修内容を県人会に報告すること。研修を帰国後に活かして日伯の懸け橋となり、母県に貢献する意思を持つ人が対象。
 百歳賀寿は、同県出身の福島県人会の会員であり、20年4月1日~21年3月31日に99歳以上となる人、過去に百歳賀寿を受けていない人が対象となる。
 中南米国移住者受入事業への応募は今井会長(yumimiyatani@gmail.com)、百歳賀寿の該当者の連絡は同県人会(fukushima_kenjin_brsp@yahoo.co.jp)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連警が大量の偽札押収=史上最高の68万レアル2012年7月14日 連警が大量の偽札押収=史上最高の68万レアル ニッケイ新聞 2012年7月14日付け  連邦警察が11日、パナラ州クリチバで、68万2千レアル分の偽札を押収したと13日付伯字紙が報じた。 […]
  • 市役所や姉妹都市協会を表敬訪問した奥泉さん(左から3人目)2015年5月29日 大阪・サンパウロ市姉妹都市=親善大使 奥泉さんが帰国=「変えがたい経験得た」  昨年45周年を迎えた大阪・サンパウロ姉妹都市提携記念事業の一環とし、親善大使として3月9日から2週間訪日した奥泉みどりさん(19、三世)が報告のため来社した。 生まれはサンパウロ市だが、4歳から小学校5年まで愛知県豊川市で過ごしたデカセギ子弟。昨年の日本語センター主催スピ […]
  • 女児足切断は医療ミス?=医師協議会が調査を開始2011年3月12日 女児足切断は医療ミス?=医師協議会が調査を開始 ニッケイ新聞 2011年3月12日付け  10日、リオ州地方医師協議会は、手術中に火傷を負って足を切断することになった生後19日の女児の件に対し、調査のための審議会を開き、事情聴取などを開始したと、11日付エスタード紙が報じた。 […]
  • 東西南北2006年10月19日 東西南北 2006年10月19日付け  カサブサンパウロ市長は十五日、ノーヴァ・テレーザ区の式典で卵を投げつけられ、卵はカメラマンに当たった。十六日はヴィラ・マチウデ区の小学校を訪問。その時市長のズボンの股ぐらが破けて、赤いスポーツカーがチラチラと見えていた。 […]
  • レジストロ=仁戸田教師の思い出囲み=ラポーザで恒例の同窓会2009年6月17日 レジストロ=仁戸田教師の思い出囲み=ラポーザで恒例の同窓会 ニッケイ新聞 2009年6月17日付け […]