ホーム | 日系社会ニュース | 慰霊祭で先人に祈り捧げる=靖国の英霊、ブラジル人戦死者らに

慰霊祭で先人に祈り捧げる=靖国の英霊、ブラジル人戦死者らに

参列者ら

 靖国・ド・ブラジル(椎田セーザル敏郎会長)は「慰霊祭」を9月15日午前、ブラジル旧兵士協会で行った。約80人が参列して先人に祈りをささげた。
 慰霊祭では、日本の靖国神社にまつられている246万6千余柱の英霊、移民船の中で死去した644人を含む移民先亡者、欧州で第2次世界大戦に参戦して亡くなった日系人を含むブラジル軍人、最近の国際連合平和維持軍に参加している最中になくなったブラジル人らの魂を弔った。
 当日はブラジル陸軍南東軍司令部から総司令官と中将の代理人も参列した。
 最初に椎田会長から挨拶があり、靖国神社の意義について説明。参列者一同で黙とうを行い、神道形式に沿って慰霊の儀式が進められた。
 日本の靖国神社の山口建史(たてぶみ)宮司からも「(慰霊祭が行われ)英霊と開拓移民物故者の御霊もお慶びになられ、お鎮まりのことと拝察申し上げます。先人の苦難を思い、尊崇の念を継承していくことは、日本民族としての責務であり、今日まで活動を続けてこられた皆様に深く敬服する次第です」とメッセージが届けられた。
 京野吉男第1副会長も「日本人として国のために亡くなった方の魂を忘れてはならない」と挨拶を述べた。来社した酒本(さかもと)恵三第2副会長、神主の上妻(こうづま)博彦さん、山名ロベルトさんらも異口同音に「先人の記憶を残していくためにも来年は参列者をもっと増やしたい」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル訪問のご印象=帰国後すぐに発表される=「永く記憶に残るもの」=「日系社会のイベント大変心強い」2015年11月16日 ブラジル訪問のご印象=帰国後すぐに発表される=「永く記憶に残るもの」=「日系社会のイベント大変心強い」  外交関係樹立120周年を迎えたブラジルへの公式訪問をされた秋篠宮同妃両殿下は、10日に無事ご帰国された。翌11日には宮内庁を通じて、日系人や日系団体に対する感想を多く含む、次のようなご感想を文書で発表された。全文は以下の通り。     ☆ 日本・ブラジル外交関係樹立120周年 […]
  • 《ブラジル》一般消費者のインフレ予測は平均5・3%=政府統計と違う庶民感覚2018年3月23日 《ブラジル》一般消費者のインフレ予測は平均5・3%=政府統計と違う庶民感覚  ジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)発表の調査によると、今年3月の時点でブラジル人消費者が予測した今後12カ月間のインフレ率は平均で年5・3%で、2007年9月に記録した5・2%の最低値に近付いた。  この調査は、消費者に対するシンプルな質問「今後12カ月のブラ […]
  • 大耳小耳2015年2月14日 大耳小耳  山形県人会の総会に出席した、サンパウロ州タウバテ在住の海藤司理事。海藤三味線教室の代表を務める同氏は、レシフェ領事事務所の依頼により、同地で外交120周年事業の邦楽公演を行なった。「レシフェはもう3度目で今回も盛況だった。海沿いの町は大体行ったよ」と、精力的に活動している […]
  • 脚光あびる無農薬野菜=コチア農学校の指導の成果2004年7月23日 脚光あびる無農薬野菜=コチア農学校の指導の成果 7月23日(金)   サンパウロ州ジャカレイ市近郊の小農家たちが無農薬の野菜作りに自信を深めつつある。これは、コチア農業学校の営農指導の努力が定着した結果として、地域社会で評判となっている。 […]
  • 『百年の水流』開発前線編 第四部=ドラマの町バストス=外山 脩=(20)2019年2月27日 『百年の水流』開発前線編 第四部=ドラマの町バストス=外山 脩=(20) 進出企業と競合、生き残る  順風満帆の、そのさ中、またもブラタク製糸の存亡に関わる大異変が発生した。1972~76年、日本の生糸メーカー6社が進出してきたのだ。カネボー、グンサン、昭栄、コーベス、東邦レーヨン、市田である。  6社が進出したのは、日本の養蚕家の減 […]