ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ダラグノル=栄転させてLJ主任を降ろす?=VJ報道以降の圧力強く

《ブラジル》ダラグノル=栄転させてLJ主任を降ろす?=VJ報道以降の圧力強く

 パラナ州クリチバのラヴァ・ジャット(LJ)作戦班主任のデウタン・ダラグノル氏を、栄転と共に主任の座から降ろそうとする動きが連邦検察庁の検察官の間で起こっていると、10日付エスタード紙が報じている。
 ダラグノル氏は現在、2014年にはじまったLJ作戦の主任を務めているが、6月にはじまった、サイト「ジ・インターセプト」によるヴァザ・ジャット(VJ)報道で、ルーラ元大統領の容疑の判断に関する疑惑や、当時のパラナ州連邦地裁判事で現法相のセルジオ・モロ氏との間の検察官と判事の密接な関係の違法性、LJの名前を使った宣伝行為疑惑などが報じられていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ