ホーム | ブラジル国内ニュース | PSL=ビヴァール党首に家宅捜査=弁護士「奇妙なタイミング」=大統領離党問題勃発の矢先

PSL=ビヴァール党首に家宅捜査=弁護士「奇妙なタイミング」=大統領離党問題勃発の矢先

PSLのビヴァール党首(Marcelo Carmargo/Agencia Brasil)

 15日朝、社会自由党(PSL)の党首ルシアノ・ビヴァール下議に対して、連邦警察が家宅捜査を行なった。これは昨年の統一選で幽霊候補(ラランジャ)を立てた疑惑に関しての捜査だが、ここ数週間、ボウソナロ大統領と関係が険悪化して離党問題が加熱化する局面で、いきなり捜査が入った。ビヴァール党首の弁護士は「奇妙な捜査だ」と抗議しているとG1サイト15日付などが報じている。

 捜査対象は、ブラジル北東部ペルナンブッコ州ジャボアトン・ドス・グアララペスにあるビヴァール氏の自宅やPSL党州事務所、印刷所だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ